アフターピルの効果

 

 アフターピルによる避妊の効果の仕組みやメカニズム

アフターピルの避妊の効果は、72時間以内に飲むことで、効果があります。アフターピルとは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンからできており、擬似的に身体を妊娠に近いホルモン状態にして、妊娠しないようにするホルモン剤です。

アフターピルの避妊の効果の仕組みやメカニズムは、主に次の3つからなっています。

  1. 排卵をストップさせる
  2. 受精卵の着床を阻止
  3. 子宮口で精子をブロック

アフターピルの1つめの避妊の役割は「排卵をストップさせる」効果です。アフターピルを飲むと、血液中に女性ホルモンが多くなるため、脳の視床下部と下垂体が「妊娠した」と錯覚します。そのため、妊娠のために卵子を排卵する必要がないと判断し、卵巣から子宮への排卵が、起こらなくなります。子宮内に卵子がなければ、精子と出会って受精することはできませんから、避妊できます。

アフターピルの2つめの避妊の役割は「受精卵の着床を阻止」する効果です。本来、子宮の子宮内膜は、卵巣から分泌されるホルモンの影響で少しずつ厚くなり、ふかふかのクッションのようになっていき、受精卵が着床して妊娠しやすい状況へと変化します。しかし、アフターピルを飲むと、卵巣からホルモンが分泌されなくなるため、子宮内膜が厚くなりません。そのため、排卵が起きて子宮内に卵子があって受精したとしても、受精卵の着床が難しくなるため、避妊できます。

アフターピルの3つめの避妊の役割は「子宮口で精子をブロック」する効果です。アフターピルに含まれる合成されたプロゲステロンは、子宮の入り口である子宮頸管の粘液の粘性を高め、精子が子宮に入らないようにブロックします。そのため、アフターピルを飲むと、精子が子宮に入ってくること自体、困難になります。

アフターピルを飲む前に排卵していると、避妊の効果なし、と勘違いされやすいです。しかし実際は、アフターピルは3つのメカニズムで避妊しているので、72時間以内に飲めば、非常に高い確立で避妊できます。ただし、アフターピルは、早く飲めば飲むほど避妊の成功率が高くなるため、可能であれば、24時間以内にアフターピルを飲みましょう。

効果抜群、一番人気のアフターピル!
大人気の『アイピル』正規品はこちら

アフターピルと、普通の低用量ピルの効果の違い

アフターピルである緊急避妊薬は、「高用量ピル」や「中用量ピル」とも呼ばれています。一方、一般的なピルは「低用量ピル」と呼ばれており、それぞれ、次の点で異なります。

  • 低用量ピル:エストロゲンの量が少ない
  • 中用量ピル:エストロゲンの量が普通
  • 高用量ピル:エストロゲンの量が多い

「低用量ピル」は、毎日飲み続けることで、避妊できる薬です。一方、「中用量ピル」と「高用量ピル」は、緊急避妊薬なので、緊急時に使うだけで避妊できます。「中用量ピル」と「高用量ピル」は、女性ホルモンであるエストロゲンの量が多い分、急激に体に変化を起こすことができるため、緊急避妊薬として用いることができるわけです。

昔は「中用量ピル」のアフターピルしかなかったため、「中用量ピル」による避妊が主流でした。しかし「中用量ピル」で緊急避妊するためには、2回に分けて飲まなければならず、副作用が強く出る方も多いため、現在ではあまり用いられていません。そのため、現在では「高用量ピル」をアフターピルとして用いる緊急避妊法が、一般的です。

アフターピルを処方してもらうためには、避妊に失敗した後に産婦人科に行かなければいけません。そのため、いつでもアフターピルを飲めるよう、手元に置いておきたい方にとっては、非常に不便でした。しかし最近で、薬の個人輸入サイトを利用することにより、常に、アフターピルのストックを手元において置くことができる時代になりました。そのため、お守りがわりにアフターピルを持っておきたい方は、薬の個人輸入サイトをチェックしておくといいかもしれません。なお、高用量ピルのジェネリックで最も有名なものは『アイピル』ですが、副作用が出て吐いてしまうことも考え、最低2箱ストックして持っておけば、安心かもしれません。

効果なしの偽物のアフターピルで
避妊に失敗したくないなら!
大人気の高用量ピル
『アイピル』正規品はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする