アフターピルの通販と購入をまとめて解説! ノルレボ・プラノバール・エラワンの種類と使い方の違いやジェネリック医薬品の選び方まで

アフターピル

アフターピルの種類による避妊率や副作用の違い:緊急避妊薬と中用量ピル

「アフターピル(アフターモーニングピル)」は、「緊急避妊薬」とも呼ばれ、予期せぬ避妊の失敗があったときに、緊急で避妊するために飲む薬です。

ただし、一般的に「アフターピル」と呼ばれる薬には、現在、大きく分けて次の3つの種類があります。

種類 使い方 副作用
中用量ピル 72時間以内に1回2錠×2回 強い
ノルレボ系 72時間以内に1回1錠 ほぼない
エラワン系 120時間以内に1回1錠 ほぼない

そのため、一般的に「アフターピル」といっても、3つのタイプの緊急避妊薬があるわけです。

アフターピルの「中用量ピル」とは

「中用量ピル」は、昔の日本で一般的に使われていた緊急避妊薬で、一般的には「プラノバール」と呼ばれる薬を使用します。しかし、中用量ピルには、3つのデメリットがあるため、現在では、あまり一般的ではなくなってきています。

1つめのデメリットは、2回に分けて飲まなければいけない点です。中用量ピルは、「ヤッペ法」と呼ばれる2回に分けて行う避妊法が一般的で、性交後72時間以内に1回目の2錠を飲んだ後、さらに12時間の間隔を空けて、さらに2回目の2錠を飲まなければいけません。そのため、手間がかかるというデメリットがあります。

2つめのデメリットは、副作用が強い点です。中用量ピルは、ピルの中でも古いタイプのピルなので、女性ホルモンの量も多く、吐き気・嘔吐の副作用が強く出やすいです。そのため、中用量ピルを使って緊急避妊する場合は、吐き気止めの薬の同時服用がほぼ必須で、中用量ピルと一緒に吐き気止めを飲む必要があります。

また、中用量ピルの副作用で重篤なものとして、「血栓」のできる可能性があります。血栓とは、血液中に血の塊のできる症状で、血栓が心臓に流れていったりすると、最悪、死ぬこともある危険な副作用です。

「血栓」の副作用のリスクは、喫煙者や中高年齢者がピルを服用すると、かなり高くなります。そのため、中用量ピルの添付文書には、1日15本以上タバコを吸う喫煙者や、35歳以上の女性が使用する場合は、血栓症の危険性が増大するため注意が必要であることが記載されています。

中用量ピル(プラノバール)の添付文書

3つめのデメリットは、避妊率が低い点です。「中用量ピル」と「ノルレボ系」の避妊率を比較すると、2011年に日本産婦人科学会により発表された中用量ピルとノルレボ系の避妊率は、次のようになっています。

服用のタイミング 中用量ピル ノルレボ系
72時間(3日)以内全体 57% 85%
24時間以内(1日目) 77% 95%
25時間~48時間以内(2日目) 36% 85%
49時間~72時間以内(3日目) 31% 58%

中用量ピルは、一応、72時間以内に飲めば緊急避妊できるとは言われているものの、実際には、72時間以内に飲んでも妊娠阻止率は57%しかありません。アフターピルは、早く飲めば飲むほど早いほど避妊率は高くなるものの、中用量ピルの場合は、24時間以内に飲んでも、避妊率はたったの77%です。

以上のように、中用量ピルは、緊急避妊薬としての役割が少ないので、「中用量ピル」には「緊急避妊剤」とも明記されていなかったりします。そのため、現在では、中用量ピルは、生理をズラすために、時折、使われている程度です。

アフターピルの『ノルレボ系』とは

「ノルレボ系」のアフターピルは、現在の日本で一般的に使われている緊急時の避妊薬で、新薬『ノルレボ』や、ノルレボのジェネリック医薬品の『アイピル』という薬を使用します。ノルレボ系にはメリットが多いため、2011年5月より日本でもノルレボを使用できるになってからは、ノルレボ系による緊急避妊が一般的となっています。

「ノルレボ系」のメリットは、大きく、次の3つがあります。

1つめのメリットは、飲むのが手軽だという点です。一般的には、コンドームの破損などによる避妊の失敗の後、72時間以内に1回1錠だけ飲めば、避妊できます。

2つめのメリットは、副作用が少ない点です。ノルレボ系は、「中用量ピル」による緊急避妊よりも新しい方法なので、その分、副作用も少ない薬として開発されています。一応、悪心・吐き気の副作用は約9%に見られますが、実際に吐く人はほとんどいません。そのため、ノルレボ系と一緒に、吐き気止めの薬を飲む必要はありません。

また、ピルによる重篤な副作用の一つである「血栓」は、ノルレボ系では起きません。というのも、ノルレボ系には、血栓の原因となる「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が含まれていないためです。

そのため、『ノルレボ』の薬の添付文書にも、血栓の副作用に関する副作用の記載はありませんし、喫煙者や中高年の女性のための注意書きもありません。

→ 『ノルレボ』の添付文書

3つめのメリットは、避妊率が高いという点です。ノルレボ系は、72時間以内に飲めば85%の確率で避妊できるだけでなく、飲むのが早ければ早いほど避妊の効果は高いことが分かっています。また、24時間以内に飲めば95%の確率で避妊でき、12時間以内に飲めば、さらに避妊率は高くなると言われています。そのため、ノルレボには「緊急避妊剤」と、しっかりと明記されています。

→ 緊急避妊薬と中用量ピルの避妊率の表

アフターピルの『エラワン系』とは

エラワン系は、新薬である『エラワン』や、エラワンのジェネリック医薬品である『エラワンジェネリック』を使用します。

エラワン系は、アフターピル系の中でも最も新しいアフターピルで、新薬である『エラワン(ella one)』は、フランスのHRA 社により開発され、2009年より欧米で販売開始となり、2010年にはアメリカでも承認され、使用されるようになっています。

エラワン系は、ノルレボ系と比較すると、次の2つのメリットがあります。

1つめのメリットは、避妊失敗後、120時間(5日)以内に飲めばよく、時間的にかなり余裕がある点です。ノルレボ系は、72時間(3日)以内に飲む必要がありますが、エラワン系は120時間以内(5日)以内に飲めばよいため、安心して使用できます。

2つめのメリットは、避妊率が非常に高い点です。エラワン系は、120時間以内に飲んでも、避妊率が95%となっており、ノルレボ系の72時間以内の避妊率と比べても、エラワン系の方が優れていることが分かります。

→ ノルレボの避妊率

ただし、エラワン系は、新しい薬なので、まだ情報が少ないというデメリットがあります。エラワンは、日本ではまだ未承認であり、使用している人の関する情報がほとんどありません。現在、あすか製薬が臨床試験を行っており、承認に向けて準備を進めていますが、未だ、試験中の段階です。

また、エラワンは、薬の作用機序がノルレボ系とは異なります。ノルレボ系は「人工プロゲステロン(黄体ホルモン)」により、人工的に妊娠時に近いホルモン状態にするホルモン剤ですが、エラワン系は、「選択的プロゲステロン受容体調節剤」という成分により、プロゲステロンの活性化を変える薬です。そのため、日本で情報の少ない現段階では、使用には慎重になった方がいいかもしれません。

→ エラワンの添付文書

使用している方の情報が少ないと、予期せぬ副作用などが出ても、twitterなどのSNSで情報も得にくくなります。薬の個人輸入して使う場合は、あくまで自己責任で対応しなければいけないため、慎重に行動した方が無難です。

「アフターピル」には、「中用量ピル」「ノルレボ系」「エラン系」のどれがいいか?

基本的には、「中用量ピル」にはデメリットが多いため、現在では、アフターピルとして中用量ピルが使われることは、ほとんどありません。

そのため、基本的には、「ノルレボ系」か「エラワン系」の2択になります。

ただし、中用量ピルは、ノルレボ系よりもさらに安く、一般的には、病院で処方してもらう場合、次のような価格になります。

中用量ピル ノルレボ系
薬+診察の費用
(検査代別)
7,000円前後 15,000円前後

そのため、中用量ピルは、ノルレボ系のおよそ半額の費用で済むというメリットもあります。そのため、お金のない若い女性の方の中には、時折、中用量ピルによる緊急避妊を希望する方もいます。

アフターピルは、保険適用なのか? 保険適用外なのか?

アフターピルとして「中用量ピル」や「ノルレボ系」を、日本の病院で処方してもらう場合、健康保険の適用については、次のようになっています。

中用量ピル ノルレボ系
健康保険の適用 適用外 適用外

そのため、アフターピルを処方してもらう場合は、常に保険適用外なので、3割負担ではなく、全額負担となってしまいます。

なお、保険適用外な分、メリットもあります。というのも、保険適用外なので、健康保険の保険証も必要ないですし、健康保険を使わないので親や家族にバレる心配もありません。

しかし、保険適用ではないので、わざわざレディースクリニックや産婦人科に受診に行ったとしても、全くお得ではありません。むしろ、受診すると、診察代や血液検査代、性病検査なども受けることになり、さらに高額の医療費を請求されることも多々あります。

そのため、現在は、アフターピルを病院で処方してもらわず、安く購入できる薬の通販サイトで入手するのが一般的です。

アフターピルの「緊急避妊薬」の通販・購入

アフターピルとして「中用量ピル」を使う人はほとんどいないため、薬の通販サイトでは「中用量ピル」は扱っておらず、「ノルレボ系」か「エラワン系」のみの通販となります。

ただし、新薬の『ノルレボ』や『エラワン』は、価格が高い分、偽物の確率もかなり高くなります。そのため、薬の通販サイトで購入する場合は、『ノルレボのジェネリック医薬品』や、『エラワン」のジェネリック医薬品』を購入するようにしましょう。

また、それぞれのジェネリック医薬品には、念の為に吐き気止めセットも売られています。そのため、アフターピルの通販は、大きく分けて、次の4つの商品のタイプに分類することができます。

ノルレボ系 エラワン系
ジェネリック医薬品 アイピル
ポスティノール
エラワンジェネリック
吐き気止めセット 上記+吐き気止め 上記+吐き気ドメ

それぞれの商品については、次のようになっています。

アイピル(ノルレボのジェネリック医薬品)の通販

商品名は『アイピル(ノルレボ)アフターピル』です。

商品画像
種類 ノルレボのジェネリック医薬品
レビュー数 200件以上

アフターピルで一番の人気を誇る、ノルレボのジェネリック医薬品『アイピル』。レビューの件数も100件以上あり、圧倒的な人気を誇ります。

『アイピル』の注意点としては、1箱に1錠しか入っていない点です。

緊急避妊薬は、2時間以内に吐いてしまった場合、薬の成分が身体に吸収されていないため、もう1錠飲まなければいけません。

そのため、もし吐いてしまったときのために、最低2箱は常備しておくのがおすすめです。薬の通販サイトは、海外から薬が送られてくるため、届くのに3~7日かかります。そのため、多めに買っておき、ストックを切らさないようにしましょう。

アイピルと、吐き気止めのセット

商品名は『アイピル(ノルレボ)+吐き気止めセット』です。

商品画像
種類 ノルレボのジェネリック医薬品+吐き気止め
レビュー数 10件未満

『アイピル』と、吐き目止めがセットになった商品です。

吐き目止めには、制吐薬として使われる『ドンペリドン』のジェネリック医薬品がセットになっており、1回1錠10mgを服用します。

なお、『アイピル』は1箱1錠で1回分ですが、『ドンペリドン』は1箱100錠なので100回分あります。そのため、この商品を2セット以上買うと、『ドンペリドン』が余りまくるので、注意してください。追加で『アイピル』の欲しい場合は、『アイピル』の単体販売で購入するようにしましょう。

なお、『ドンペリドン』は、アイピルの吐き気止めとしてアフターピルと一緒に使う以外に、他の使い方としては、ストレスや緊張、不安などによる吐き気・嘔吐がある時などに使います。そのため、普通の人は、吐き気止めが100錠あっても、なかなか使い切れないのが難点かもしれません。

アフターピルによる吐き気は9%の人に見られるものの、実際に嘔吐する人はほぼ0%なので、そこまで吐き気止めにこだわる必要はないかもしれません。なお、吐き気は、空腹時にアフターピルを飲むと出やすいです。そのため、少し食べ物を胃の中に入れてから飲んだり、牛乳を飲んだ後に飲むと、吐き気が出にくいので、試してみてください。

ポスティノール(ノルレボのジェネリック医薬品)

商品名は『ポスティノール(ノルレボ)2錠入』です。

商品画像
種類 ノルレボのジェネリック医薬品
レビュー数 20件未満

『ポスティノール』は、『ノルレボ』のジェネリック医薬品ですが、少し変わった使い方をします。

通常、『ノルレボ』は「レボノルゲストレル」という成分1.5mgを1回で服用します。しかし、『ポスティノール』は「レボノルゲストレル」0.75mgを2回に分けて服用します。そのため、『ノルレボ』のジェネリック医薬品と言えるかどうか、少し、微妙なところです。

ポスティノールは、1箱に2錠入っており、1回1錠を12時間間隔を空けて2回飲みます。そのため、使い方としては、中用量ピルと同じです。ただし、ポスティノールには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は含まれていないため、「中用量ピル」ではなく、ノルレボ系のアフターピルです。

『ポスティノール』による緊急避妊は、2回飲まなければいけないというデメリットの他に、避妊率がやや低いかもしれない、というデメリットもあります。ノルレボを1回1.5mgで飲むよりも、ノルレボを2回0.75mgずつで飲む方法の方が、避妊率が低いという系統的レビューもあるためです。

→ 2回に分けて飲む場合の避妊率

避妊に失敗すると取り返しのつかいないことになりますから、緊急避妊薬を選ぶなら、『ポスティノール』よりも、避妊率の高い『アイピル』を選んだ方がいいかもしれません。

ただし、『ポスティノール』のメリットとして、副作用が少ないという点が挙げられます。『アイピル』は「レボノルゲストレル」という成分1.5mgを1回で服用しますが、『ポスティノール』は「レボノルゲストレル」0.75mgを2回で服用するため、ホルモンの変動が穏やかになるためです。

アフターピルの副作用は、ホルモン変化によるものなので、もちろん、ホルモンの変動が緩やかな『ポスティノール』の方が、安全に使えます。ただし、『アイピル』でもかなり副作用の少ないアフターピルなので、よっぽど過敏な方出ない限り、やはり、わざわざ『ポスティノール』を使う必要はないかもしれません。

また、価格を比較しても、『アイピル』と『ポスティノール』は、それほど大きく変わりません。そのため、『アイピル』の副作用が強かったときに備えて、『ポスティノール』は予備で購入する程度で、十分でしょう。

なお、アイピル1錠と、ポスティノール2錠に含まれる「レボノルゲストレル」の量は一緒です。そのため、自己責任にはなりますが、ポスティノールを1回2錠で一気に服用すれば、アイピルと同じ効果が期待できるかもしれません。

ポスティノールと、吐き気止めのセット

商品名は『ポスティノール+吐き気止めセット』です。

商品画像
種類 ノルレボのジェネリック医薬品+吐き気止め
レビュー数 10件未満

『ポスティノール』と、吐き気止めがセットになった商品です。吐き気止めには、アイピルと同じように、ナウゼリンのジェネリック医薬品である『ドンペリドン』がセットになっています。

『ドンペリドン』は、1箱100錠で100回分あるので、間違って2セット以上購入しないように注意しましょう。

なお、このセット商品は、買う価値があるかは微妙です。というのも、元々、ノルレボ系の緊急避妊薬は吐き気の副作用が少なく、さらに『ポスティノール』はホルモン変化をゆるやかにして副作用が出にくいよう2回に分けて飲む薬だからです。

そのため、『ポスティノール』自体、かなり副作用は少ない薬なので、さらにそれに加えて吐き気止めが必要かと言われると、あまり意味がなさそうだからです。

何が何でも吐き気が気になる人は別として、普通の女性の場合は、ポスティノールと吐き目止めのセットは、わざわざ買う必要はないかもしれません。

エラワンジェネリック(エラワンのジェネリック医薬品)

商品名は『エラワンジェネリック(アフターピル)』です。

商品画像
種類 エラワンのジェネリック医薬品
レビュー数 10件未満

120時間(5日)以内に飲めば避妊効果のある『エラワン』のジェネリック医薬品である『エラワンジェネリック』です。

ただし、エラワン系のアフターピルは、日本では使用している人が少ないため、詳しい情報があまりありません。そのため、メインのアフターピルとして使用するのは、現段階では、やめた方がいいかもしれません。

しかし、猶予期間が120時間もあるというのは、避妊薬としてはかなり魅力的です。そのため、メインで1軍のアフターピルはノルレボ系ジェネリックの『アイピル』を使用して、サブの2軍として『エラワンジェネリック』を持っておくのが、現代の賢いアフターピル使用法といえるかもしれません。

エラワンジェネリックと、吐き気止めのセット

商品名は『エラワンジェネリック+吐き気止めセット』です。

商品画像
種類 エラワンのジェネリック医薬品+吐き気止め
レビュー数 10件未満

エラワンのジェネリック医薬品である『エラワンジェネリック』と、吐き気止め「ナウゼリン」のジェネリック医薬品である『ドンペリドン』がセットになった商品です。

『ドンペリドン』は、1回1錠の使用ですが、1箱100錠と大量にあるため、このセット商品を2つ以上買わないように注意しましょう。

なお、エラワン系のアフターピルも、悪心(吐き気)は約12%で、ノルレボ系の約9%とそれほど変わらないため、そこまで吐き気を心配する必要はなさそうです。

→ ELLA

そのため、エラワン系と吐き気止めをセットで購入する必要も、ないかもしれません。

通販サイトでおすすめのアフターピルは?

「ノルレボのジェネリック医薬品」と「エラワンのジェネリック医薬品」のどちらを選べばいいか、迷う方もいるかもしれません。

そんな場合は「ノルレボのジェネリック」を選ぶのがおすすめです。

やはり「ノルレボのジェネリック」は、日本での使用実績も多く、最も使用されているアフターピルであるからです。

また、「ノルレボのジェネリック」の方が、価格が安いというメリットもあります。薬の通販サイトで購入する場合、ノルレボ系は、エラワン系の半額~3分の1くらいの価格で購入できます。

そのため、現段階でアフターピルを選ぶ場合は、日本人の使用実績も多く、価格も手頃な「ノルレボのジェネリック」である『アイピル』を選ぶのが妥当です。

ただし、エラワン系は72時間以上経っても有効であるため、72時間以内に『アイピル』を飲めなかったときのために、予備として、『エラワンジェネリック』も買っておくと、より安心かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました