ダイアン35 オオサカ

 

ダイアン35をオオサカで:オオサカ堂の通販ページ

「ダイアン35」を「オオサカ(オオサカ堂)」の通販で購入する場合は、大きく、次の3種類の商品があるため、注意しましょう。

  • ダイアン35単品
  • ダイアン35+「クリルオイル流」のセット
  • ダイアン35+「南極クリルビタミン」のセット

なお、なぜ、オオサカ堂は「ダイアン35」と他のサプリのセットを推しているかというと、ダイアン35を含む低用量ピルには、次のような欠点があるためです。

  • 静脈血栓症のリスクが高くなる

ピルには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の働きをする半合成ホルモン成分が含まれていますが、エストロゲンの成分は、血栓症のリスクを高めることが分かっています。エストロゲンは、肝臓に取り込まれると、血液を固まらせる「血液凝固因子タンパク」を増加させて、血液をサラサラにする「凝固抑制タンパクのアンチトロンビンⅢ」を抑制します。その結果、血栓ができやすくなるわけです。

そのため、1960年代にピルが販売されて以降、いかに避妊効果をキープしつつ、エストロゲンの量を少なくして血栓症のリスクを減らせるかが、焦点となっていました。そして、1969年、アメリカ食品医薬品局(FDA、Food and Drug Administration)により、エストロゲンの量を50μg以下にするよう勧告が発せられます。その結果、エストロゲンの量が50μg未満の「低用量ピル」が開発されました。低用量ピルの「低用量」とは、エストロゲンの量が「低用量」という意味で、血栓症のリスクを減らすために開発されたピルのことです。

現在の低用量ピルは、エストロゲンの量もかなり減っていて、ダイアン35に至っては、35μgしか含まれてないため、血栓症のリスクは減りましたが、完全に血栓症のリスクがなくなったわけではありません。そのため、ピルを使うためには、血栓症のリスクを高める喫煙や年齢を考慮した上で、使用する必要があります。

そして、オオサカ堂でも、血栓症のリスクを低くするために、血液をサラサラにする成分を含むサプリを推奨しており、セットで販売しているわけです。

オオサカ堂でダイアン35とセットで通販で販売されているサプリは、「クリルオイル流」や「南極クリルビタミン」ですが、これらのサプリには、血液サラサラ成分の「オメガ3脂肪酸」の含まれた「クリルオイル」を使用しています。なお、2つのサプリには、次のような違いがあります。

1袋の量 血液サラサラ成分 その他成分
クリルオイル流 60粒30日分 オメガ3脂肪酸
(クリルオイル1日120mg)
血流改善成分、
滋養強壮成分など
南極クリルビタミン 120粒60日分 オメガ3脂肪酸
(クリルオイル1日240mg)
ビタミン10種

どちらのサプリが優れているかは、一概には言えませが、「南極クリルビタミン」の方が、サプリの量も多く、血液サラサラ成分であるクリルオイルの量も多くなっています。そのため、「南極クリルビタミン」のみ売り切れていることもよくあるため、在庫状況をこまめにチェックしておくといいかもしれません。『オオサカ堂』のダイアン35や、サプリとのセット商品の在庫状況については、次のリンク先よりチェックすることができます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする