ピルの海外の普及率

 

ピルの海外の普及率:日本との比較

ピルの海外の普及率は、日本より高いと言われています。実際、海外と日本のピルの普及率の調査でも、海外はピルの普及率は高く、既婚女性の避妊方法を比較したデータでは、次のようになっています。

  • 52.6%:ドイツ
  • 49.0%:オランダ
  • 43.8%:フランス
  • 30.9%:タイ
  • 30.0%:イスラエル
  • 27.4%:スウェーデン
  • 26.7%:オーストラリア
  • 26.0%:イギリス、デンマーク
  • 18.3%:アメリカ
  • 13.2%:フィリピン
  • 13.6%:イタリア
  • 14.4%:カナダ
  • 3.7%:北朝鮮
  • 1.8%;韓国
  • 1.5%:中国
  • 1.1%:日本

そのため、先進国では、おおよそ2~5割程度の女性が、ピルを使っています。一方、日本は0.1割の女性しか使っておらず、同じアジアの国である北朝鮮や韓国、中国よりも、さらにピルの普及率は低くなっています。

海外の普及率も高くて、安心!
低用量ピルNo.1「トリキュラー21」正規品

ピルの海外の普及率:海外のピル事情

ピルの海外の普及率が高いのは、海外では、無料や格安でピルを入手できるためです。例えば、ピルの先進国である欧米では、10代の女性の場合、病院やクリニックにいけば、初回は無料でピルを手に入れることができ、イギリスでは2回め以降も無料でもらえます。また、アメリカでは、ピルをドラッグストアで購入でき、イギリスでは学校でピルを購入することができます。そのため、欧米などの海外ではピルの普及率が高く、ピルは身近なものとなっています。

一方、日本では、ピルは有料です。さらに、避妊用でピルを処方してもらうと、保険適用外になるため、さらに高額になります。そのため、日本では、ピルの普及率が低いわけです。

そのため最近では、ピルを病院で購入するのではなく、薬の個人輸入サイトを利用して購入する女性の方も増えています。例えば、日本での低用量ピルと、海外の低用量ピルで最も人気の「トリキュラー21」の費用を比較すると、1箱(1周期=28日分)のピルの価格は、次のように異なります。

  • 日本の低用量ピル:1箱2,200円~2,300円程度
  • 海外の低用量ピル(トリキュラー21):まとめ買いなら、1箱699円

そのため、海外の低用量ピルなら、日本の低用量ピルの3分の1以下の価格で手に入ります。しかも、個人輸入サイトなら、ワンクリックで買えるため、わざわざ婦人科で診察を受ける必要もありません。また、海外サイトからの購入なので消費税もかかりませんし、国際送料も無料です。

ただし、怪しい薬の個人輸入サイトを利用すると、ニセモノをつかまされる可能性もあるため、注意しましょう。もし、ニセモノのピルを購入してしまうと、避妊効果が得られないだけでなく、有害な金属物質が含まれていることもあります。そのため、なるべく、レビューが多くて、信頼性の高い個人輸入サイトで購入しましょう。

薬の個人輸入サイトにもいくつかありますが、皆さんご存知の『ベストケンコー」でも、低用量ピルの「トリキュラー21」を扱っています。『ベストケンコー』の「トリキュラー21」は、レビューも多く、2008年より運営している老舗のシンガポールのサイトなので信頼性も高いため、一度、チェックしておいてもいいかもしれません。

海外での普及率の高さで安心!
『ベストケンコー』の低用量ピルでも一番人気の
「トリキュラー21」正規品


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする