ジネット35 ニキビ

 

ジネット35とニキビ:ニキビに効果のある低用量ピル

「ジネット35」は、低用量ピルの中でも、特に、ニキビを治す効果があることで有名です。ジネット35のニキビへの効果は、次の2つの作用により起こります。

  • 一般的な低用量ピルの作用
  • ジネット35のみの作用

「一般的な低用量ピルの作用」というのは、ピルを飲むことにより、ホルモンバランスが安定するため、ニキビが減る効果があるということです。ニキビは、生理前にできやすいですが、生理前は、女性ホルモンの「黄体ホルモン」が最も活発になるためです。黄体ホルモンは、皮膚を守ってくれる「抗菌ペプチド」の生成を抑制してしまうため、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。また、黄体ホルモンの作用で皮脂が増えるため、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

このニキビを増やす厄介な黄体ホルモンは、生理前に増えるだけでなく、ホルモンバランスが崩れて過剰に分泌されることもあり、例えば、食生活や睡眠リズムの乱れ、ストレスの増加などにより、黄体ホルモンが増えます。しかしピルは、ホルモンバランスを整えてくれる役割があるため、ニキビを減らす効果があるわけです。

「ジネット35のみの作用」というのは、ジネット35に含まれる「酢酸シプロテロン」の働きで、「アンドロゲン作用(男性ホルモン作用)」が減るために、ニキビが減る効果があるということです。男性ホルモンは、皮膚を硬くして毛穴を狭くしてしまいます。また、男性ホルモンには、皮脂を増やす働きもあります。その結果、アンドロゲン作用が活発だと、毛穴が詰まって、ニキビができやすくなってしまうわけです。

しかし、ジネット35を飲むと、男性ホルモン作用が抑制されるため、皮膚も柔らかくなり、皮脂も減ります。その結果、ニキビが減るわけです。ジネット35に含まれる「酢酸シプロテロン」のニキビへの効果は絶大で、フランスやカナダでは、ニキビの治療薬としても使用されるほどです。

また、男性ホルモンが減るため、ジネット35を使うと、ニキビが減るだけでなく、肌も薄くなり、美肌の効果があるため、わざわざ、低用量ピルの中でも『ジネット35』を選んで使っている方もいるほどです。『ジネット35』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする