ダイアン35 ジェネリック

 

ダイアン35のジェネリック:個人輸入の通販

『ダイアン35』は、黄体ホルモン剤として「酢酸シプロテロン」を使用している新薬で、ドイツの製薬会社「バイエル社」が開発した薬です。そして、ダイアン35のジェネリック医薬品は、次のようになっています。

  • 新薬:ダイアン35
  • 『ダイアン35』のジェネリック:ジネット35

そのため、ダイアン35のジェネリックは『ジネット35』です。ジネット35は、インドのジェネリック医薬品の大手製薬会社「シプラ社」が製造販売している低用量ピルなので、品質も高く、個人輸入の通販でも人気があります。

ちなみに、「ダイアン」にも「ジネット」にも「35」という数字が入っているのは、「エストロゲン(エストラジオール)」が「35μg(0.035mg)」含まれているためです。

なお、ジェネリック医薬品である『ジネット35』の方が、個人輸入の通販での価格も安くなっており、2つを比較すると、次のようになっています。

  • ダイアン35:最安で1箱1,341円
  • ジネット35:最安で1箱898円

そのため、最安価格で比較すると、ダイアン35のジェネリックである『ジネット35』の方が、33%安く購入でき、かなりお得です。ピルは、風邪薬のように風邪のときだけ使用するわけではなく、1箱1ヶ月分で使い続けるのが普通ですから、まとめ買いに向いている商品なので、まとめ買いで安くなるのは、かなりうれしいとも言えます。

なお、『ダイアン35』や『ジネット35』に使われている黄体ホルモン剤「酢酸シプロテロン」には、男性ホルモンの働きを弱める作用もあります。そのため、男性ホルモンの働きを弱めることで、ニキビを減らしたり、体毛を薄くしたりという、女性にうれしい副次効果もあるため、人気の高い低用量ピルです。ダイアン35のジェネリックである『ジネット35』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする