アイピルの効果

 

アイピルの効果

アイピルの効果は、アイピルに含まれる「レボノルゲストレル」による効果です。「レボノルゲストレル」には、次のような効果があります。

緊急避妊薬(アフターピル)で、1錠だけ飲めばOK
セックス後、24時間以内に飲めば、避妊確率95%
セックス後、72時間以内に飲めば、避妊確率75%
セックス後、120時間以内に飲めば、避妊確率50%
妊娠しやすい排卵日でも避妊確率85%

アイピルは、性交後24時間以内に飲むことにより、ほぼ100%の確率で避妊できる、有名な緊急避妊薬(アフターピル)です。

アイピルに含まれる「レボノルゲストレル」は、ホルモン製剤の一種で、次のような手順で、妊娠を阻害することができます。

.レボノルゲストレルは、黄体ホルモンと同じ成分
.黄体ホルモンと同じ成分なので、排卵を遅らせる
.排卵を遅らせるので、卵巣から卵管に出てこない(排卵されない)
.卵管に卵子が出ないので、卵子と精子は会えない(受精できない)

受精は、卵管内で、卵子と精子が会うことで起こります。そのため、アイピルで排卵を遅らせれば、卵管に卵子が出てこないため、妊娠する可能性も、ほぼなくなるわけです。

緊急避妊薬のアイピルは、低用量ピルや中用量ピルとは異なり、一気に黄体ホルモンを増やすことで、一気に排卵を遅らせる効果を持っています。

ちなみに、卵子と精子の寿命は、次のようになっています。

卵子の寿命:排卵後6~24時間(特に受精しやすいのは、排卵後6~8時間)
精子の寿命:3~4日(最大で5日)

そのため、3~4日排卵を遅らせれば、精子は勝手に死んでくれますから、妊娠する可能性もなくなるわけです。

すでに排卵されていて、卵管に卵子が来ていても、妊娠確率が高いのは排卵後6~8時間以内で短いですから、すでに排卵されていても、妊娠の確率は低いです。

なお、卵子は年齢が経つごとに老化し、老化卵は、寿命が短くなります。特に35歳以上の方は、卵管で卵子が死ぬのも早くなるため、中出しセックスをしても、妊娠しにくいです。そのため35歳以上の女性の方は、アイピルを使えば、若い女性よりも高い避妊効果を期待できるため、中出しセックスを武器にして、若い女性を出し抜くことも可能です。

アイピルの効果は、卵子と精子を会わせないこと!
『アイピル正規品』はこちら

アイピルの効果は、中絶薬と同じなのか?

よく、「アイピルは中絶薬なのでは?」と不安に思う女性の方もいます。確かに、中絶薬だと、堕胎や殺人、水子などのイメージもあり、あまり良いものはありません。

しかし、先ほどのアイピルの効果でも書いたとおり、アイピルは、次のような効果しかないお薬です。

アイピルは、排卵を遅らせるもの
アイピルは、卵子を殺す薬ではない
アイピルは、卵子を殺す薬ではないので、受精した卵子を中絶することはできない

アイピルの避妊の確率が100%ではないのは、卵子を殺す中絶薬ではないためです。そのため、すでに卵子が卵管にいる場合は、避妊の確率が落ちてしまいます。

アイピルは、卵子を殺す中絶薬というわけではないので、罪悪感にかられることなく、使うことができます。

逆に、卵子と精子が出会って受精してしまうと、アイピルではどうすることもできません。そのため、もし、しばらくしても生理がこなかったり、妊娠検査薬で陽性が出てしまった場合は、すぐに産婦人科に行くようにしましょう。なお、卵子を殺す中絶薬は、個人輸入でも購入してはいけないことが、厚生労働省より2004年(平成16年)に発表されていますので、注意してください。そのため、卵子を殺すお薬を販売しているサイトは、かなり危険なサイトですし、お薬自体が、本物かどうかも怪しいです。

また、卵子を殺す中絶薬は、子宮外妊娠の場合には効果がありません。子宮外妊娠なのに中絶薬を飲んで堕胎したと思い込み、後で大変なことになったケースもあるので、注意してください。

アイピルの効果は、中絶薬ではないので安心!
『アイピル正規品』はこちら

アイピルの効果は、レイプ・強姦されたときにだけ役立つ?

アイピルの効果は、緊急避妊薬なので、次のような方だけが持っていればいい、と考える方もいるかもしれません。

レイプ(強姦)の被害に合った女性
風俗や水商売で働いている女性
避妊せずに中出しセックスを楽しみたい女性
中出しセックスしたい男性

確かに、中出しセックスを許せば、男性ウケもいいので好みの男性を落としやすいですし、援助交際(援交)や売春の相場も上がりますから、十分にアイピルのお金の元を取れるだけの価値はあります。

しかし、先ほどのアイピルを使う理由は、レイプ(強姦)以外の理由は、全て自業自得なので、健全に生活している女性はほとんど関係ないと考えるかもしれません。

しかし、あるクリニックの調査による、緊急避妊薬を希望した女性の理由の割合は、次のようになっています。

1.コンドームの破損・脱落:約60%
2.コンドームなしセックス:約35%
3.レイプ:約5%

つまり、普通にコンドームを使って、避妊してセックスしていても、失敗してしまい、緊急避妊薬をもらいに来る人が6割もいるわけです。

コンドームの破損による妊娠の危険は、全ての女性の方にありますので、膣に精子が漏れてしまってもすぐに対応できるよう、お守りとして「アイピル」を常備しておくのも、いいかもしれません。

なお、アイピルは速達でも届くのに数日はかかりますし、緊急性を要するものなので、2箱以上はおいておいた方がいいかもしれません。アイピルは1箱につき1錠1回分しか入っていないので、注意してください。

緊急避妊薬としての効果を持つ『アイピル』の正規品は、次のリンク先より購入することができます。

コンドームが破れても安心!
効果抜群のお守り『アイピル』正規品はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする