アイピルの飲み方

 

アイピルの飲み方は1回で

アイピルの飲み方は、性交後、なるべく早く、1回、飲むようにします。

飲むのが遅くなると、避妊の成功率が低くなってしまうからです。アイピルの飲み方による避妊の成功率は、次のようになっています。

性交後24時間以内:避妊の確率は95%
性交後72時間以内:避妊の確率は75%
性交後120時間以内:避妊の確率は50%

そのため、性交後は、なるべく早く飲むようにしましょう。というのも、次の2つの効果で避妊するためです。

第1段階:排卵を遅らせる
第2段階:卵子が着床しにくくする

まず、第1段階として、アイピルを飲むことで、排卵しないようにします。排卵しなければ、卵子と精子が出会うことはないので、受精できません。

また、第2段階として、もし排卵してしまっていて、卵子と精子が受精していても、子宮に着床しにくくします。子宮に着床しなければ、受精していても、妊娠しません。

以上のように、アイピルによって、2段階で避妊することができます。しかし、受精して着床してしまったら、アイピルではどうしようもできないので、なるべく早くアイピルを飲むようにしてください。

なお、受精してしまった卵子を殺すには、中絶薬を用いるしかありませんが、日本では、中絶薬は、個人輸入であっても禁止されています。そのため、もし、生理がこなかったら、妊娠検査薬で妊娠しているか確認して、妊娠の疑いがあったら、産婦人科を受診するようにしましょう。

飲み方は1回1錠でOK!
『アイピル』正規品の通販はこちら

アイピルの飲み方が1回ではダメな場合

ちなみに、アイピルの飲み方には、次のように気をつける必要もあります。

1.1回で1錠
2.もし飲んで2時間以内に吐いたら、吸収されていない可能性あり

基本的には、1回1錠飲めばOKです。また、アイピルを飲んでから2時間ほど経ったら、アイピルの成分は、通常は吸収されています。

しかし、中には、アイピルを飲んで、吐き気の副作用が出る方もいます。そして、もし、アイピルを飲んでから2時間以内にアイピルを吐いてしまったら、アイピルの薬の成分が吸収されていない可能性が高いです。

そのため、アイピルの2時間以内に吐いてしまったら、もう一錠飲む必要があるかもしれないため、念のため、産婦人科に聞きにいきましょう。

予備も含めて2錠あれば、もし吐いても安心!
飲み方は1回1錠、『アイピル』正規品の通販はこちら

アイピルの飲み方が「1回ではなく、2回」と誤解されている理由

サイトによっては、緊急避妊として、ピルを2回飲む緊急避妊方法も紹介されています。なぜかというと、緊急避妊方法には、「ピルを2回飲む緊急避妊方法」と「1回飲むだけでいい緊急避妊方法」の2種類があるためです。

2回飲む避妊方法は「ヤッペ法」といい、1回しか飲まなくていい方法は「ノルレボ法」といい、次のようになっています。

ヤッペ法:2回に分けて飲む。中容量ピルを使用。昔の緊急避妊方法。避妊効果が悪い。
ノルレボ法(LNG法):1回で飲む。レボノルゲストレル(LNG)の入った錠剤を使用。最近の緊急避妊方法。避妊効果が良い。

日本では、2011年までは「レボノルゲストレル」が認可されていなかったため、2回に分けて飲む「ヤッペ法」による緊急避妊が一般的でした。しかし、現在は「レボノルゲストレル」が認可されているため、1回飲むだけでいい「ノルレボ法」による緊急避妊が一般的です。

アイピルも「レボノルゲストレル」の含まれた「ノルレボ剤」なので、飲み方は、1回飲むだけで大丈夫です。

ただし、アイピルの副作用で吐いてしまう可能性もあるため、念の為、1回につき2錠は用意しておいた方がいいかもしれません。アイピルの正規品を購入できる人気のサイトとしては、『ベストケンコー』があります。

飲み方は1回1錠!
吐いたとき用に、予備で2錠あれば安心!
『アイピル』正規品の通販サイト
「ベストケンコー」はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする