アイピルの通販

 

通販のアイピルとは

通販サイトなら個人輸入で合法的に購入できる『アイピル』は、世界的にも有名なアフターピルの緊急避妊薬です。日本で認可されている緊急避妊剤といえば、あすか製薬の「ノルレボ錠1.5mg」が有名で、「ノルレボ錠」には「レボノルゲストレル」という成分が1.5mg含まれています。

「レボノルゲストレル」は、黄体ホルモンの一種で、排卵を遅らせたり、抑えたりすることで、避妊できると言われています。性交後72時間以内(3日以内)に「レボノルゲストレル」の含まれたアフターピルを飲めば、100%に近い確率で避妊することが可能です。『アイピル』には、ノルレボを同じように、レボノルゲストレルが1.5mg含まており、ノルレボのジェネリック医薬品になります。

日本でレボノルゲストレルが認可されれたのは2011年で、つい最近のことで、日本の病院でノルレボを処方してもらうと、診察代と合わせて16,000円程度かかります。しかも、病院で診察を受けなければ処方してくれないため、非常時ですぐに避妊したい焦った状況では、ゆっくりと診察を受ける余裕もないものです。

一方、個人輸入で常備しておけば、自分で使う分には違法になりません。そのため、女性ならば、緊急避妊薬である『アイピル』は、常備しておいた方がいい薬であると言えるかもしれません。

望まない妊娠でツライ思いをしたくないなら
緊急避妊薬『アイピル』正規品の通販

通販で購入できるアイピルでの避妊法

アフターピル(アフターモーニングピル)で避妊する場合は、次のように使います。

性交後72時間以内に飲む

飲む量は、レボノルゲストレル1.5mg(0.75mgなら2錠)

アイビルの場合は、1箱に1錠のみで、1錠でレボノルゲストレルが1.5mg含まれているので、そのまま服用します。

ただし、アフターピルは、ホルモン作用のあるキツめの薬なので、3割弱の方に、吐き気や嘔吐が見られることもあります。そのため、アフターピルを飲む日は、仮病などを使って、仕事や学校を休んだ方がいいかもしれません。

なお、吐き気は嘔吐が強すぎて、2時間以内に吐いてしまったら、薬が吸収されていない可能性もあります。そのため、アイピルを飲んで2時間以内に吐いてしまったら、病院でお医者さんに相談して、もう一錠飲んでいいか、相談した方がいいかもしれません。

「アイピル」は、1箱に1錠しか入っていませんから、吐いてしまったときのことも考えて、2箱以上常備しておくのがいいと思います。アイピルは、育毛剤や勃起薬の開発でも有名なインドの製薬会社「シプラ社」で作られています。しかし、個人輸入の通販サイトで購入する分には、違法になることもないので、安心して利用することができます。

不幸を産まないための常備薬
『アイピル』正規品の通販はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする