アイピルの口コミや効果:アイピルの通販や即日発送についても解説

アイピル

アイピルとは

『アイピル』とは、次のような薬です。

  • アフターピル(=緊急避妊薬、アフターモーニングピル)のジェネリック医薬品

『アイピル』は、アフターピルの新薬『ノルレボ』のジェネリック医薬品です。そのため、昔は一般的だった中用量ピルによる緊急避妊よりも、副作用も少なく、さらに安いため、緊急避妊薬の中で最も人気のある薬となっています。

ピルというと、生理をずらすために毎日飲む「低用量ピル」のイメージが強いですが、「アフターピル」は、ピルの中に含まれる「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が低用量ピルよりも多くなっています。

そのため、アイピルを飲めば、高用量のプロゲステロン(黄体ホルモン)により、体に急激な変化を起こすことができるため、妊娠しない状態にできるわけです。

アイピルの主な効果

アイピルの効果は、「避妊」です。アイピルを飲むと、女性ホルモンのバランスを変化させて、妊娠と同じような身体の状態にできるため、避妊することができます。実際には、アイピルを飲むと、次の3つの効果があります。

  1. 排卵しなくなる
  2. 子宮に精子が入らなくなる
  3. 子宮内膜に受精卵が着床しなくなる

「1.排卵しなくなる」というのは、卵巣から子宮へ、卵子を放出しなくなるということです。

「排卵」とは、卵巣から「子宮」に卵子が放出されることです。もし、排卵して、子宮に卵子がある状態になると、「子宮」で卵子と精子が出会ってしまい、受精する可能性があります。

しかし、アイピルを飲むと、排卵しなくなります。そのため、排卵前にアイピルを飲むと、妊娠しなくなるわけです。

また、もしすでに排卵してしまったとしても、アイピルには、さらに、次の2つの効果があるため、避妊できます。

「2.子宮に精子が入らなくなる」というのは、子宮の入り口の粘液である「子宮頚管粘液」が粘着質になって、精子が子宮に入らないように阻止する、ということです。

もし、セックス中にコンドームが破損してしまったとしても、精子は膣に射精されるだけなので、膣から子宮までたどり着くことができなければ、受精できません。そのため、もし、すでに排卵してしまっていたとしても、精子が子宮に入れなければ、妊娠しないわけです。

「3.子宮内膜に受精卵が着床しなくなる」というのは、子宮内膜がフカフカにならないため、着床できない、ということです。アイピルを飲むと、アイピルに含まれているプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用により、体温が高くなりすぎず、子宮内膜の増殖も抑えられます。そのため、もし、子宮まで精子がたどり着いて受精してしまったとしても、子宮内が温かくなく、子宮内膜もツルツルしているため、受精卵が着床できないわけです。妊娠というのは、受精卵が子宮内膜に着床することなので、もし受精卵ができたとしても、着床できなければ、妊娠できないことになります。

以上のように、アイピルは、3段階で避妊できるため、高い避妊効果を得られるわけです。

アイピルの効果は、堕胎薬と一緒なの?

アイピルを、「子供を堕ろす堕胎薬である」と勘違いしている方もいますが、アイピルは、堕胎薬ではありません。堕胎薬とは、子宮に着床してしまった受精卵を取り除く薬です。そのため、堕胎薬を使うのは、殺人と同じですから、日本では、堕胎薬の使用は認められていません。

一方、アフターピルであるアイピルは、受精や着床を防ぐだけの薬なので、堕胎薬ではありません。そのため、アイピルを使用したとしても、殺人になるわけではないので、安心してください。

アイピルの使い方

アイピルで避妊する場合は、通常は、次のように使います。

  • 性交後72時間以内に飲む

「72時間」ですから、つまり「3日以内」ということになります。

ただし、理想的には、24時間以内にアイピルを飲むのがベストです。というのも、緊急避妊薬の避妊率は、飲む時間により、次のように異なるからです。

性交後120時間(5日)以内 避妊率50%
性交後72時間(3日)以内 避妊率85%
性交後24次男(1日)以内 避妊率95%

この結果だけ見ると、3日以内に飲めば85%の確率で避妊できるように見えますが、実際には、3日目に飲むと、避妊率はかなり低下します。というのも、2011年に日本産婦人科学会により発表された「緊急避妊法の適正使用に関する指針」によれば、次のようになっているためです。

性交後49~72時間(3日目) 避妊率58%
性交後25~48時間(2日目) 避妊率85%
性交後24時間(1日目) 避妊率95%
性交後72時間以内全体 避妊率85%

つまり、トータルで見ると、確かに、72時間以内に飲めば緊急避妊薬の避妊効果が高いものの、実際には、24時間以内の避妊率の高さに引っ張られて、3日目でも避妊率が高いように勘違いしてしまいやすいだけです。

そのため、アイピルなどの緊急避妊薬は、なるべく24時間以内に飲むの方が理想と言えます。

しかし、日本で緊急避妊薬を処方してもらう場合は、レディースクリニックや産婦人科で診察を受けて処方してもらわなければならないため、日曜祝日に処方してもらうのは困難ですし、仕事をしていたり、学校があったりしたら、すぐに受診して飲むこともできません。日本では、病院で処方してもらおうと思ったら、24時間以内に飲むのは、かなり難しいです。

そのため、最近の女性は、いざというときにすぐに緊急避妊薬を飲めるよう、あらかじめ、薬の通販サイトで買い置きしておき、お守り代わりに持ち歩いている人も多くいます。

アイピルの効果はどれだけ続くの?

アイピルの避妊効果は、おおよそ、次の期間、続くと言われています。

  • アイピルによる避妊効果は、5日程度続く

そのため、6日目以降に避妊せずにセックスしてしまった場合は、再度、アイピルを飲む必要があります。

ちなみに、アイピルは、生理周期内に何回でも服用してよいとされています。そのため、次の生理が来る前に、再び、アイピルを飲んで緊急避妊したい場合も、アイピルを使って大丈夫だと言われています。

ただし、アイピルは、あくまでも緊急時に使う避妊薬なので、急激に身体変化を起こす分、含まれている女性ホルモンの量も多いです。そのため、必ずしも身体にいい薬であるとは言えないため、もし、常に避妊したい場合は、低用量ピルを使用を検討するようにしましょう。

低用量ピルは、ピルに含まれる女性ホルモンの量を限界まで減らしてているので「低用量」と呼ばれています。そのため、連続して服用しても、身体への負担は少ないお薬です。低用量ピルで副作用が出たとしても、一時的にホルモンの変化で副作用が生じるだけで、通常は、3周期(28日×3周期)以内にホルモンの変化に身体が慣れ、ほとんど副作用はなくなります。

低用量ピルを飲み続けるのをためらう人の中には、「低用量ピルを飲み続けると、妊娠できなくなるのではないか?」という不安のある方もいるようです。しかし、低用量ピルを飲むのをやめれば、3周期以内にほぼ100%の人が妊娠できるようになるため、妊娠できなくなるわけではありません。

また、低用量ピルを飲んでいると、生理が安定して、生理痛が軽くなったり、月経前の不快な症状であるPMS(月経前緊張症)も軽減します。そのため、現在、彼氏やセフレがいて、セックスの機会がよくあるときは、低用量ピルを飲み続けるのもいいかもしれません。

アイピルの副作用

アイピルは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く含まれているため、女性ホルモンバランスを急激に変えます。そのため、特に、ホルモンの変化に敏感な女性は、副作用が出やすいことがあります。

アイピルの一般的な副作用は、ホルモン環境が一時的に変化するために起こり、次の3大副作用が見られやすくなっています。

不正出血 約50%
頭痛 約12%
悪心・吐き気 約9%

「不正出血」は、アイピルで最も多い副作用です。アイピルの副作用による不正出血の場合は、生理より少し前に、少量の出血が出ることが多いです。不正出血は、よく見られる副作用なので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

むしろ、アイピルを飲んで不正出血が出たのならば、緊急避妊薬が効いている、と思って、安心してもいいかもしれません。

「頭痛」は、アイピルの中で二番目に多い副作用です。アイピルなどの緊急避妊薬は、鎮痛薬と併用しても問題ないと言われています。そのため、アイピルを飲んで頭痛がする場合は、バファリンなどの鎮痛薬を使用するのもいいかもしれません。

「吐き気」は、「不正出血」や「頭痛」よりも少ない副作用ですが、時折、見られる方もいます。吐き気の副作用は、昔の緊急避妊法では、よく問題になっていました。というのも、昔はよく行われていた中用量ピルによる緊急避妊の場合、避妊率がそこまで高くないにも関わらず、吐き気の副作用が起こりやすかったためです。しかし、アイピルなどのアフターピルは、副作用の起きにくい緊急避妊薬なので、そこまで、吐き気を心配する必要はありません。

ただし、吐き気の副作用がもし出た場合は、問題のある場合があります。というのも、飲んでから2時間以内にアイピルを吐いてしまうと、薬の成分が吸収されなり可能性があるためです。そのため、アイピルを飲んでから2時間以内に吐いてしまった場合は、もう一度、アイピルを飲む必要があります。

そのため、アイピルを購入する場合は、吐いてしまったときのために、常に2錠以上、常備しておくのが安心です。なお、吐き気の出やすい方は、空腹時にはアイピルを飲まないようにして、食事後や牛乳を飲んだ後などに飲むと、吐き気が出にくいのでおすすめです。

また、アイピルなどの緊急避妊薬は、一緒に吐き気止めを使用してもいいと言われています。そのため、吐き気が心配な方は、アイピルと一緒に、市販の「吐き気止め(制吐剤)」や「車酔い止め」や「二日酔い止め」の薬などを飲むといいかもしれません。

なお、低用量ピルの副作用の中でも重篤で命に関わる「血栓」の副作用については、アイピルでは起きないと言われています。というのも、アイピルには、血栓の原因となると考えられている「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は含まれていないためです。そのため、アイピルは安全に使用しやすい薬であると言えます。

アイピルの通販・購入:Amazonや楽天での購入は?

アイピルは、基本的に、「海外の薬の通販サイト」から通販で購入します。

「海外の薬の通販サイト」というと、不安に思われる方もいるかもしれませんが、大手の薬の個人輸入サイトであれば、サイトも日本人向け専用に全て日本語で作られていますし、メールのやり取りも、全て日本語でできます。

また、病院で処方してもらうよりも10分の1以下の価格で購入できる薬も多いため、利用者も多いです。そのため、最近では、緊急避妊薬や低用量ピル、勃起薬、育毛薬、ダイエット薬などは、海外の薬の通販サイトで購入するのが、半ば、常識となってきています。

Amazonや楽天、Yahooショピングでのアイピル

アイピルを通販で販売しているサイトは、全て、海外の会社の運営しているサイトです。というのも、日本の会社が、医者でもなく、診察もしていないのにアイピルを販売してしまうと、薬機法(薬事法)違反ということで捕まってしまうためです。

そのため、Amazonや楽天、Yahooショッピングでは、アイピルを購入することはできません。Amazonは、アメリカの会社が運営しているので薬を販売できそうに思われやすいですが、実際には、日本のAmazonを運営している会社は「アマゾンジャパン合同会社」という日本の会社です。

そのため、Amazonでも、アイピルを販売することはできないわけです。

アイピルの偽物について

アイピルは、基本的に、「海外の薬の通販サイト」から通販で購入します。そのため、偽物の商品が届くのではないか、と心配している方もいるかもしれません。

一般的に、薬の偽物の見分け方には、次のようなものがあります。

  1. 箱で見分ける
  2. 中身で見分ける

「1.箱で見分ける」場合は、アイピルの箱の印刷が、本物と一緒かどうかで見分けられます。

薬の中には、外箱で見分けられない場合もあります。例えば、育毛剤の場合は、数シート入っているものをパッケージから出し、小分けして販売することもあるため、パッケージなしで送られてくる場合もあります。しかし、アイピルの場合は、1箱に1シート1錠だけで、箱に入ったまま送られてくるので、パッケージで見分けることができます。

ただし、薬によっては、予告なくパッケージが変更になったり、ヨーロッパ製とトルコ製でパッケージが異なる薬もあり、商品ページのパッケージ画像と違う薬が送られてくる場合もあります。もし、パッケージの異なるアイピルが送られてきた場合は、twitterなどで検索して、アイピルのパッケージについて情報収集するようにしましょう。アイピルは、緊急避妊薬の中で最も人気のある薬なので、SNSを活用すれば、すぐに情報を収集できます。

「2.中身で見分ける」場合は、実際に、箱を開けるまではわかりません。偽物の業者によっては、箱のみ正規品を用い、中身だけをすり替えることがあります。この場合、本物とニセモノを見分けることのは、かなり困難になります。

なお、薬によっては、予告なく薬のコーティング剤が変更になることもあるため、注意が必要です。例えば、昔、育毛薬の「フィンカー」という薬のコーティング剤が白色から青色に突然変わって、2ちゃんねるで「偽物ではないか?」と話題になったこともありました。そのため、届いたアイピルの色や形が違った場合なども、twitterで検索してみるのがおすすめです。

ただし、アイピルは、基本的には、偽物の少ない薬です。というのも、アイピルは「ノルレボ」のジェネリック医薬品で安いため、わざわざ、偽物を作るメリットがあまりないからです。もし、ニセモノ業者が偽物を作るなら、新薬である「ノルレボ」を作った方が、価格も高いので儲かります。そのため、ジェネリック医薬品は、基本的に、偽物がほぼないわけです。

逆にいうと、新薬である「ノルレボ」は、偽物の確率がグッと高くなるため、薬の個人輸入で購入してはいけません。緊急避妊薬としてノルレボが欲しい場合は、必ず、レディースクリニックや産婦人科で処方してもらいましょう。

ただし、日本の病院でノルレボを処方してもらう場合、かなり高額になってしまいます。というのも、アフターピルは、全て、健康保険の保険適用外だからです。健康保険の適用外であるため、受診時に健康保険証は必要ありませんし、保険証を使わなくていいので、家族にバレる心配もありません。

しかし、保険が効かない分、かなり高くなるため、コスパもかなり悪いです。そのため、常備薬として緊急避妊薬を持っておきたい場合は、やはり、個人輸入サイトでアイピルを購入するのが一番です。

なお、アイピルといえども、完全に偽物がないとは言えないため、なるべく大手の個人輸入サイトで購入するようにしましょう。小規模な薬の個人輸入サイトの場合は、得体のしれない薬を販売していることも多いため、利用は避けた方が無難です。実際、過去には、タイの薬の個人輸入サイトで怪しいダイエット薬を使用して、2011年に20歳代の日本人女性が死亡した事件もあります。

大手の個人輸入サイトは、シンガポールや香港といった、発展している都市の会社が運営していますし、多くの日本人が利用し、レビューの数も多いため、安心して本物のアイピルを購入することができます。

アイピルの通販で即日発送・即日購入は可能か?

アイピルは、薬なので、日本では医者の処方箋がなければ購入できません。そのため、twitterなどで「即日発送」「即日購入」を語って売っている人は、100%犯罪なので、購入しないようにしましょう。

実際に、2019年には、tiwtterで募集した後にフリマアプリでアイピルを販売していた仙台市の男性が、逮捕されたこともあります。

薬の個人輸入サイトであれば、販売者は海外の会社になるため、違法ではありません。しかし、薬を個人で分け合ったり、売る場合は薬機法(薬事法)違反で捕まりますので、注意してください。

また、即日発送・即日購入で売っている人は、犯罪者なので、本物を売っているとも限りません。実際、昔は、スポーツ新聞の三行広告や電柱の張り紙広告で集客して、偽物をバイアグラを売っている人もよくいました。

バイアグラなら、偽物でも勃起しないだけで済みますが、アイピルの場合は、偽物だと妊娠してしまうため、取り返しのつかないことになります。そのため、本物のアイピルを購入したいときは、必ず、大手の薬の個人輸入サイトで購入するようにしましょう。

薬の個人輸入サイトの場合、海外からの発送になるので、通常は、届くまでに3~7日程度かかります。そのため、どうしても早くアイピルの欲しい方は、個人輸入の約10倍の価格になってしまいますが、レディースクリニックや産婦人科を受診して、急いで処方してもらうようにしましょう。

アイピルの通販・購入

最近は、アイピルの他にも、性交後120時間(5日)以内に飲めば高い避妊効果を発揮できる新薬「エラワン」のジェネリック医薬品も販売されているため、合わせてチェックしておくといいかもしれません。

アイピルやエラワンなどのアフターピルの通販については、次のリンク先よりチェックすることができます。

→ アイピルやエラワンの通販ページ一覧

タイトルとURLをコピーしました