ラブグラ 飲むタイミング

 

ラブグラの飲むタイミング:失敗しない飲み方

ラブグラの飲むタイミングは、かなり重要です。実際、ラブグラと同じ成分の含まれている「男性用バイアグラ」を使って勃起に失敗する男性の場合も、8割以上は飲み方が原因で勃起に失敗しています。

そして同様に、ラブグラも、男性用バイアグラと同じように、飲み方に影響を受けやすいです。ラブグラの飲むタイミングについては、次の点に気をつけましょう。

  • 1時間以上前に飲む
  • 食事には注意する

「1時間以上前に飲む」というのは、ラブグラの効果が出るまでには1時間かかり、その後、4時間ラブグラの効果が持続するためです。ラブグラは、即効性はないため、飲むタイミングは、性行為の1時間以上前というのを意識して、飲む必要があります。

ただし、基本的に、セックスのタイミングは女性に主導権がある場合が多いため、もし、ラブグラを飲むのが遅れてしまった場合は、適当にシャワーを浴びたり、お茶を入れたりして、適当に男性を焦らしたりして時間をつなぐようにしましょう。そして、ラブグラの効いてきた頃合いを見計らって、あなたの好きなタイミングで性行為に突入すればOKです。

「食事には注意する」というのは、ラブグラは、満腹状態で飲んだり、脂っこい食事を取ったりした後に飲むと、ほとんど効果がみられないためです。

お腹が満腹状態のときに飲むと、食事とラブグラを一緒に胃で消化するため、しっかりとラブグラを消化できません。また、脂っこい食事をとると、腸に脂の膜ができてしまいますが、ラブグラの成分は脂の膜を越えることができないため、腸でうまく吸収されません。

そのため、ラブグラを飲むときは、次のいずれかの飲み方で飲むよう、飲むタイミングを調整します。

食事をする前に飲む 食前2時間以上前に、あらかじめ飲んでおく
軽く食事をしてから飲む 食後、すぐに飲んでもOK
普通に食事をした後に飲む 食後、2時間以上あけてから飲む
脂っこい食事をした後に飲む 食後、5~6時間以上あけてから飲む

「食事をする前に飲む」場合は、2時間以上前に飲んでおきます。ラブグラを飲んでから2時間経てば、ラブグラの成分は身体に吸収されているため、その後に食事を食べても問題ありません。ラブグラは、飲んでから1時間後より効果がではじめ、その後、4時間効果が継続します。そのため、飲んでから「1時間+4時間=合計5時間」なので、ラブグラを飲んでから5時間以内にベッドインすれば、ラブグラの効果を楽しむことができます。

「軽い食事をしてから飲む」場合の、軽い食事の基準は、腹5~6分目程度で、焼き肉・揚げ物・ラーメンといった脂っこい食事は避けましょう。ラブグラを飲む前の食事は、あっさりした和食などに留め、具体的には、そば・うどん・寿司などがおすすめです。

「普通に食事をした後の飲む」場合は、食後2時間ほどしたら、ほどよい空腹感になるため、ラブグラの飲んでもしっかり胃で消化でき、腸で吸収されます。

「脂っこい食事をした後に飲む」場合は、5~6時間以上間隔を空けてから飲みます。脂っこい食事をしても、食後5~6時間経てば、腸に張られた脂の膜もなくなるため、ラブグラを腸で吸収できるようになります。

なお、ラブグラは、アルコールの影響は受けないため、お酒を飲んだ後に飲んでも大丈夫です。ただし、泥酔するまで飲んでしまうと、脳の神経の伝達が鈍くなってしまって、ラブグラの効果を感じられなくなってしまうため、飲むときは、酔いすぎないように注意しましょう。

ラブグラは、飲むタイミングにさえ気をつければ、血流をよくすることで膣の分泌液を増やすことができます。その結果、膣からの潤滑液により、快感も倍増され、感度が高まりやすくなって、絶頂に達しやすくなります。また、膣の濡れ具合の様子にパートナーの男性も興奮しやすくなり、相乗効果で、普段よりも激しいセックスを楽しむことができます。『ラブグラ』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする