ラブグラ 効き

 

ラブグラの効き:女性用バイアグラの効果

ラブグラは、性感を高める女性用バイアグラです。ラブグラの効きには、次のような条件が関係しています。

  • 性欲の低い女性には効きが悪い
  • 満腹時は効きが悪い
  • 飲みすぎには効きが悪い

「性欲の低い女性には効きが悪い」というのは、ラブグラには、性感を高める働きはあっても、性欲を高める働きはないためです。そして、性欲の低い女性がラブグラを使用した場合は、ラブグラの効きが悪いです。逆に、性欲が高かったり、性に奔放な女性は、ラブグラで性感が高まり、びっくりするほど濡れたり、感度が高まったり、オーガズムに繰り返し達しやすくなります。そのため、ラブグラの口コミを見ると、3分の1程度の女性には、効きが悪い傾向があります。

「満腹時は効きが悪い」というのは、満腹だと、ラブグラが腸で吸収されにくくなるためです。ラブグラの成分であるシルデナフィルは、脂の膜を通過できないという弱点があります。そのため、食後にラブグラを飲むと、食事の脂分で腸にできた膜を、ラブグラの成分が通過できず、吸収されなくなってしまいます。その結果、性感を高まる効果が得られなくなってしまいます。

そのため、ラブグラを飲む前の食事は、焼き肉や揚げ物やラーメンなどの脂っこい食事は避け、寿司やそば、うどんなど、脂分の少ない食事にするようにして、腹5~6分目程度に留めておくようにしましょう。

「飲み過ぎには効きが悪い」というのは、泥酔するぐらいまでお酒を飲みすぎてしまうと、脳の神経の伝達が鈍くなってしまうため、ラブグラを飲んでも、効果を得にくくなるからです。基本的に、ラブグラはアルコールの影響を受けにくいため、普通に飲む程度なら、十分、性感も高まります。しかし、飲みすぎには注意するようにしましょう。

ラブグラは、女性が性感を高めることのできる、唯一の薬なので、非常に人気が高い一方、大手の個人輸入サイトでの取り扱いがない場合も多く、入手しにくいという難点があります。大手の通販サイトで『ラブグラ』を扱っているページは、次のリンク先よりチェックできるため、『ラブグラ』の気になる方は、一度、チェックしておくといいかもしれません。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする