ノベロン マーベロン

 

ノベロンとマーベロン:低用量ピルのジェネリックの通販

『ノベロン』と『マーベロン』は、次のような関係の低用量ピルです。

  • マーベロン:新薬の第3世代ピル
  • ノベロン:新薬「マーベロン」のジェネリック医薬品

なお、第3世代ピルとして有名な『マーベロン』は、第2世代のピルである「トリキュラー」や「アンジュ」のデメリットをなくした、次のような特徴のある低用量ピルになっています。

  • 副作用が起きにくい
  • 1相性で使いやすい

「副作用が起きにくい」というのは、第3世代のピルは「アンドロゲン作用(男性化症状)」による体重増加・ニキビ・多毛症といった副作用が、ほとんど起きないためです。

第2世代ピルでは、黄体ホルモン剤として「レボノルゲストレル」が使われていましたが、レボノルゲストレルにはアンドロゲン作用が起きやすいというデメリットがありました。

しかし、第3世代ピルのマーベロンは、黄体ホルモン剤として「デソゲストレル」という成分を使うことで、アンドロゲン作用による「アンドロゲン活性」を半分以下にまで抑えることに成功しています。そのため、第3世代ピルは、アンドロゲン作用による副作用を、ほぼ抑えることができるわけです。

「1相性で使いやすい」というのは、第3世代のピルは、1周期21錠のすべてが同じ成分になっており、どの順番で飲んでもピルの効果を得られるため、飲み間違いが起きにくいからです。

第2世代ピルは、アンドロゲン作用(男性化症状)による副作用を抑えるため、ホルモン剤の量を3段階で変更して、順番どおりに飲まなければいけない「3相性」のピルしかありませんでした。しかし、3相性の場合は、飲む順番を間違えると、避妊効果がなくなるというデメリットがありました。また、3段階でホルモン剤の量が変わるため、ホルモン剤の量の変わったタイミングで、予期せぬ生理が見られることもありました。

しかし、第3世代ピルは、アンドロゲン作用を気にする必要がなくなったため、ホルモン剤の量も一定の1段階のみで使用できるようになり、格段に使いやすくなっています。そのため、飲み間違いによる避妊の失敗や、予期せぬ生理も起きないため、ピルの服用にかける労力を大幅に減らすことができます。

そのため、『マーベロン』や、マーベロンのジェネリック医薬品である『ノベロン』は、現在、世界で最も人気のある低用量ピルとなっているわけです。格安で第3世代ピルを利用できる、ジェネリックの『ノベロン』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする