ピルで太る理由と原因は、なぜ?

 

ピルで太る理由と原因

ピルの副作用で、最も誤解の多いものの一つが「ピルを飲むと太る」ということです。しかし、ピルを飲むと体重増加するという、科学的根拠はありません。

ピルで太る理由や原因として勘違いされやすいのは、ピルを飲むと、副作用でむくむ方がいるためです。ピルは、女性ホルモンでできているホルモン剤で、ピルを飲むことにより、人工的に生理前の状態を作り出します。そのため、生理前の状態と同じ「月経前症候群(PMS)」のような症状が現れやすくなります。ピルによる体のむくみは、次のような流れで起こります。

  1. ピルを飲むことで、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えた状態になる
  2. プロゲステロンにより、体が妊娠や出産に備えるようになるため、栄養や水分を溜め込み、新陳代謝が低下する
  3. 新陳代謝も低下するため、体がむくむ

そのため、ピルで太る理由といっても、ただ単に、水分が溜め込まれてむくんでいるのが原因です。脂肪が増えて体重が重くなっているわけではないため、実際は、太っているわけではありません。また、ピルを飲んでいると、生理前と同じように血流も悪くなりやすいため、うっ血してむくみが出たり、冷え性が起こる場合もあります。

ピルでむくみのある場合は、血行をよくするとむくみの対策になるため、次のような方法を試してみましょう

  • 仕事中も、ときどき体操をしたり、部屋の中で動き回ったりして、足の筋肉を動かす
  • ふくらはぎのマッサージをしたり、全身の軽いマッサージをして血行を促す
  • 40度くらいのお湯の足湯にのんびり浸かって、リラックスする
  • 家でリラックスしているときや、睡眠時に、着圧ストッキング(弾性ストッキング)を履く

着圧ストッキング(弾性ストッキング)は、足に圧をかけることで、足の筋肉やふくらはぎの筋肉の代わりとなり、足の下から上へ血行を促すようになっています。そのため、血液やリンパ液、老廃物の循環がよくなり、むくみを取るのに役立ちます。

ピルで太るわけではないので安心!
72時間以内に飲めば避妊効果を得られる、
高用量ピル『アイピル』正規品はこちら

ピルで太るというのは嘘

「ピルはむくむだけで、太るわけではない」と言っても、嘘だと考えている方もいるかもしれません。しかし、1988年に、1,613人の女性を対象にして行われた調査でも、ピルで太ることがないことが明らかにされ、ピル服用による女性の体重変化は、次のような結果でした。

期(1周期28日) 全症例 20歳未満 20-29歳
0周期 0.0kg +0.3kg 0.0kg
3周期(約3ヶ月) 0.0 +0.5 0.0
6周期(約6ヶ月) +0.1 +0.7 0.0
12周期(約12ヶ月) +0.2 +1.2 0.0

以上の結果から、特に、20歳以上の女性は、ほとんど体重変化がなかったことが分かります。そのため、ピルが直接的な原因となって体重が増加することはほとんどなく、ピルで太るというのは嘘だと言えます。

また、むしろ、生理前に食欲が増しやすい女性は、ピルを飲むことにより生理前の食欲増進も落ち着くため、逆に、痩せる女性も多くいます。そのため、あなたがホルモンに影響を受けやすく、生理前に食べすぎてしまうタイプであれば、ピルを飲むことでホルモンバランスも整えられ、食欲が安定します。その結果、痩せられることも、充分、考えられます。

なお、ピルと言うと、一般的には、毎日飲んで避妊効果を得る「低用量ピル」のイメージが強いですが、緊急で避妊しなければいけないときのための「高用量ピル」というものもあります。高用量ピルは、72時間以内に飲めば避妊効果を得られるため、コンドームの破損といった、いざというときのトラブル時にも役立ちます。

ただし、以前は、高用量ピルをもらうためには婦人科や産婦人科に行かなければならず、さらに実際に避妊に失敗した後でしか処方されないという難点がありました。しかし最近は、薬の個人輸入代行を利用すれば、お守り代わりに高用量ピルを持っておくことも可能になりました。

高用量ピルで一番人気の緊急避妊薬といえば、みなさんご存知の『アイピル』です。ただし『アイピル』は偽物も多いため、だまされて避妊に失敗したくない方は、正規品を販売しており評価の高い「ベストケンコー」もチェックしておくといいかもしれません。高用量ピルは、低用量ピルに比べると吐き気の副作用が出やすいこともあるため、念の為、吐いたときのことも考え、2錠以上、用意しておくようにしましょう。

ピルで太るのは嘘なので、安心!
72時間以内に飲む高用量ピル!
ベストケンコーの緊急避妊薬
『アイピル』正規品の通販はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする