ピルとは、種類により効果や副作用に違いがあるので注意! 通販での正しいピルの選び方と使い方

ピル

ピルの種類と効果の違い

ピルの効果は、実は、ピルの種類により若干異なるのはご存知でしょうか?

ピルといえば、一般的には、次の効果が知られています。

  • 避妊
  • 生理を調整する

「避妊」については、ご存知の方も多いでしょう。

一方の「生理の調整」については、生理の時期を調整して生理を早めたり、生理を遅らせたりすることができるだけではありません。生理を調整して生理が安定することにより、生理周期の乱れを正したり、辛い生理痛や、生理前から不快な症状のでるPMS(月経前症候群)を軽減することができます。また、生理に関係しているニキビなどの肌トラブルもおさまりやすくなります。

しかし、女性用のピルといっても、実際には、大きく3つの基準で分類することができるため、自分の用途に合ったものを選ばなければいけません。

そもそも、ピルとはどのようなものか

ピルとは、ざっくり言ってしまうとホルモン剤のことです。ピルには、女性ホルモンが含まれているため、ホルモンの量を調整することで、生理を安定させることができます。ちなみに、女性ホルモンに含まれるホルモンの種類は、大きく分けて次の2種類です。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

なお、ピルに含まれている女性ホルモンは、正確にいうと、人工に作らている人工ホルモンで、「エストロゲンと同じ働きをする成分」と「プロゲステロンと同じ働きをする成分」になります。また、ピルの種類によって、同じプロゲステロンの成分でも、異なる人工ホルモンが使われていたりします。

ピルが避妊効果があるのは、ピルによる女性ホルモンの量の調整による効果で起こります。ピルを飲むと、妊娠時と同じホルモンバランスにすることができるため、卵子を排卵しなくなり、避妊できるわけです。また同様に、もしすでに排卵していたとしても、子宮内膜が厚いフカフカな状態とならないため、子宮内膜に受精卵も着床できなくなります。

そのため、ピルを飲むと、妊娠時と同じように、生理もこなくなります。ピルを飲むと、生理の時期に出血の見られることがありますが、その出血は「消退出血」と呼ばれる軽い副作用の一種で、子宮内膜がはがれて出血する「生理」とは異なります。

同様に、女性ホルモンのバランスを調整することができるため、生理周期を安定させたり、生理を遅らせたりすることができるわけです。

ピルの種類と効果

ピルの避妊や生理への効果は、ピルに含まれる女性ホルモンに違いによって、若干、異なります。ピルと一概に言っても、ピルは、次の3つの基準によって分類することができます。

  1. エストロゲン(卵胞ホルモン)の量
  2. プロゲステロン(黄体ホルモン)の世代
  3. エストロゲンとプロゲステロンの配合比

そして、ピルの種類によって、効果や使い方も、若干、異なってくるわけです。

次に、3つの基準のそれぞれの違いを見ていきます。

「エストロゲン(卵胞ホルモン)の量」によるピルの種類

ピルとは、ピル中に含まれるエストロゲンの量で、次の5つに分けることができ、それぞれに使用目的が異なります。

種類 特徴 使用目的
高用量ピル エストロゲンの量が50μgを超える なし
中用量ピル エストロゲンの量が50μg 緊急避妊
低用量ピル エストロゲンの量が30μg以上50μg未満 避妊・生理
超低用量ピル エストロゲンの量が30μg未満 避妊・生理
ミニピル エストロゲン(卵胞ホルモン)が含まれていないピル。別名「黄体ホルモン剤」。 PMS
アフターピル エストロゲン(卵胞ホルモン)が含まれていないピル。黄体ホルモンが多い。 緊急避妊

ピルは、「高用量ピル」「中用量ピル」「低用量ピル」「超低用量ピル」の順番で、開発されてきました。

「高用量ピル」は、現在は使われていませんが、1960年頃に認可された、一番はじめのピルです。しかし、高用量ピルには、エストロゲンが多く含まれているため、副作用が出やすいという欠点がありました。エストロゲンによる特に重篤な副作用は、血栓ができてしまうという副作用です。そのため、ピルの先進国である欧米では、血栓により亡くなる女性もいたため、エストロゲンの量を減らしつつ、ピルの効果が得られるよう、改良が重ねられ、「中用量ピル」や「低用量ピル」が生まれました。

「中用量ピル」も、エストロゲンが多く副作用が出やすいため、現在ではほとんど使われていません。ただし、女性ホルモンが多い分、身体に急激な変化を起こせるため、避妊が失敗したときなどに、緊急避妊薬として使われることがあります。

中用量ピルを使った緊急避妊は、2回に分けて中用量ピルを飲む「ヤッペ法」で行います。まず、性交後72時間以内に1回目の中用量ピルを飲み、さらに12時間後にもう2回目の中用量ピルを飲みます。

しかし、中用量ピルを使った緊急避妊は、デメリットが多く、2回飲まないといけないだけでなく、副作用も出やすいです。そのため、現在、緊急避妊をする場合は、後述する「アフターピル」を使うのが一般的です。

「低用量ピル」は、1970年代以降に開発され、日本でも1999年より認可されて普通に使えるようになったピルで、現在、一般的にピルといえば「低用量ピル」のことを指します。エストロゲン(卵胞ホルモン)の量は、50μg(ミューグラム)未満となっています。つまり、低用量ピルの「低用量」というのは、エストロゲンの量が低用量という意味です。

低用量ピルは、避妊や生理の調整効果を得られながらも、重篤な副作用の出やすいエストロゲンの量をギリギリまで減らしているため、安全に使用することができます。

「超低用量ピル」「ミニピル」は、エストロゲンの量が少ないか、エストロゲンの全くないピルです。「ミニピル」は昔からあるエストロゲンの含まれていないピルですが、「超低用量ピル」は、「低用量ピル」によるエストロゲンによる副作用を、さらに限界まで減らすために開発されたピルです。

エストロゲンの量が少ない分、生理の安定効果は弱くなり、不正出血が出やすいというデメリットがあります。また、超低用量ピルは避妊効果が弱いという意見もあります(避妊効果が弱いということについては、人によって意見が異なる)。

しかし一方で、エストロゲンによる副作用は限界まで減らせるため、副作用の出やすい方が選択することもあります。普通は、低用量ピルでも副作用はでにくく、もし少し副作用が出たとしても、通常は、3周期(28日×3回)ほど飲めばピルのホルモンに慣れて、ほとんどの女性は副作用も出なくなりますが、中には、やはり、副作用の出やすい方もいます。ピルに含まれるエストロゲンの影響による副作用としては、浮腫(むくみ)や頭痛、吐き気といった副作用があります。そのため、エストロゲンによる副作用の出る方は、「低用量ピル」の代わりに「超低用量ピル」を使う方もいます。また、血栓による副作用が怖い方の中にも、超低用量ピルを選ぶ方がいます。

ただし、低用量ピルと比べると、超低用量ピルの方が費用が高いというデメリットもあります。そのため、一般的には、超低用量ピルを選ぶ方は少数派です。ただし、しばらくは性交渉の機会はなく、生理痛の軽減やPMS(月経前症候群)の治療を目的として、女性ホルモンバランスの安定だけを目的とした女性は、超低用量ピルを選ぶこともあります。

一方、「ミニピル」は非常にマイナーなピルな上に、日本では、ミニピルを避妊目的で処方してもら場合は、健康保険適用外となります。日本では、ミニピルは、PMS(月経前症候群)の軽減のために使われるのが一般的です。そのため、女性用ピルとしてミニピルを使用している方は、かなりレアだと言えます。

「ミニピル」は、エストロゲンの全く含まれていない分、エストロゲンの影響で血栓ができる心配はありません。そのため、血栓のできやすい、35歳以上の女性や喫煙者は、避妊用としてミニピルを飲むという選択肢もあります。

「アフターピル」は、「アフターモーニングピル」や「緊急避妊薬」とも呼ばれるピルで、エストロゲンは全く含まれていませんが、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く含まれています。

「アフターピル」を使った緊急避妊は、性交後72時間以内に1錠飲むだけで、簡単に避妊できます。また、副作用も少ないというメリットがあります。そのため、前述した「中用量ピル」による緊急避妊よりも優れているため、現在では、「緊急避妊 = アフターピル」というのが、一般的です。

→ アフターピルとは

人気のピルはどれ?

以上のように、「ピル」と言えば、一般的には「低用量ピル」のことを指し、飲むために選ぶ場合も、「低用量ピル」を選べば、基本的には問題ありません。そして、もし、低用量ピルを3周期(1周期で28日なので約3ヶ月)飲んでも副作用の出る場合は、他の「低用量ピル」や「超低用量ピル」に変更することを検討をしてみるといいかもしれません。

また、その他に、何か避妊でトラブルがあったときの備えとして、「アフターピル」を常備しておくと、安心です。

緊急避妊薬というと、遊び人の女性や、レイプ被害に遭った女性が使うというイメージを持たれるかもしれません。しかし、実際には、産婦人科で緊急避妊薬を処方してもらう女性の多くは、コンドームの破損などにより避妊を失敗してしまった女性がほとんどです。そのため、緊急避妊薬は、普通の女性でも、十分に使う可能性のあるものです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)によるピルの分類

ピルの最も大きな分類は、先ほどの「エストロゲン(卵胞ホルモン)の量」による分類です。というのも、エストロゲン量によって、効果が大きく変わってくるためです。

しかし、ピルは、エストロゲンだけでなく、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」によっても分類できます。

ピルに使用されている人工プロゲステロンである「プロゲストーゲン」は、ピルが1950年代に初めて世界に登場して以来、改良が積み重ねられてきました。そのため、「プロゲストーゲン」の種類により、次の4つの世代に分類できます。

第1世代ピル ノルエチステロン
第2世代ピル レボノルゲストレル
第3世代ピル デソゲストレル
第4世代ピル ドロスピレノン

プロゲステロンが改良されてきた理由は、人工プロゲステロンである「プロゲストーゲン」には、男性化症状の副作用があることが分かったためです。プロゲストーゲンには男性ホルモン作用をもつ「アンドロゲン」が含まれており、アンドロゲンにより、男性化症状の副作用が起こることがあります。そのため、プロゲストーゲンの中に含まれるアンドロゲンの量を減らすべく、改良が行われてきました。

しかし、改良が進められる中で、一つの事件が起きます。「第3世代ピルは、第2世代ピルよりも血栓症のリスクが2.4倍高くなる」というWHOの多国籍間報告が、1995年に発表されたのです。そのため、イギリスやドイツでは、ピルの使用に規制が加えられたことがありました。

ただし、第3世代ピルが副作用が起きやすいという結果については、その後、偏った調査であったことが分かり、実際には、「第3世代以降のピルも、第2世代ピルと血栓症のリスクは変わらない」ということが明らかとなっています。そして、ドイツでは1997年にピルの制限が解除され、イギリスでも1999年にピルの規制がなくなりました。

そのため、現在では、第3世代以降のピルも安全であることが明らかですが、今でも、第3世代以降のピルは危険だと信じている人もいます。そのため、低用量ピルの中では、第2世代ピルである「レボノルゲストレル」を使用したピルが、今でも一番人気となっています。

なお、第一世代のピルは古く、第4世代は「超低用量ピル」に使われるため、「低用量ピル」を選ぶ場合は、普通は、「第2世代ピル」か「第3世代ピル」を選びます。

ピルの一番人気は?

先ほどのように第3世代ピルを危険だと感じている人もいるため、一般的には、低用量ピルの一番人気は「第2世代ピル」、二番人気は「第3世代ピル」と覚えておくと、いいかもしれません。

ちなみに、緊急避妊薬として使われる「アフターピル」に含まれているプロゲステロン(黄体ホルモン)も、通常は、第2世代の「レボノルゲストレル」を使用しています。

女性ホルモンの配合比によるピルの分類と使い方の違い

ピルの分類は、「エストロゲン(卵胞ホルモン)の量」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)の種類」で分類できるだけではありません。定期的に21日服用+7休薬する「低用量ピル」や「超低用量ピル」は、含まれているホルモンの配合比のバランスで、さらに、次の3つに分けられます。

一相性ピル ホルモンの配合比が21錠全てで同じ
二相性ピル ホルモンの配合比が2種類なので「段階型ピル」とも。
三相性ピル ホルモンの配合比が3種類なので「段階型ピル」とも。

「一相性ピル」とは、ピルに含まれているホルモンの配合量が一定のものです。普通は、ピルは21錠ありますが、21錠全てのピルの配合量が同じなので、どのピルから飲み始めても大丈夫だという利点があります。

「二相性ピル」「三相性ピル」というのは、女性の生理周期と合わせるよう、ピルに配合されるホルモンの配合比が、2段階や3段階になっているピルで、「段階型ピル」と呼ばれます。段階型ピルは、生理周期に合わせてホルモンのバランスを調整しているため、ピルを飲む順番が決まっているので使うときは面倒です。しかし、自然な女性ホルモンのバランスに近い状態をキープできる、というメリットもあります。

昔のピルは、全て「一相性ピル」でした。しかし、ピルの副作用を少なくするために、ピルに含まれる女性ホルモンを限界まで少なくするため「三相性ピル」が生まれました。

その後、さらにピルに含まれる女性ホルモンも改良され、女性ホルモンの量が少なく、ホルモンも一定にした新しい「新しい一相性ピル」も生まれました。

そのため、ピルの配合比の歴史は、「古い一相性ピル」→「三相性ピル」→「新しい一相性ピル」の順に進化していったと言えます。そのため、第2世代ピルは「三相性ピル」が多く、第3世代ピル以降は「一相性ピル」が多くなっています。

ピルの人気はどれ?

普通に考えると、一相性ピルの方が便利なので人気がありそうですが、生理の安定には「三相性ピル」の方が優れていると考えられています。

そのため、ピルの人気で見てみると、一般的には、一番人気は第2世代ピルの「三相性ピル」、二番人気は第3世代ピルの「一相性ピル」となっています。

なお、「二相性ピル」は種類がほとんどないため、二相性ピルを使用している人も、ほとんどいません。

ピルの種類と選び方のまとめ

以上のように、ピルの分類は、3つの基準で大きく分けることができます。

  1. エストロゲン(卵胞ホルモン)の量
  2. プロゲステロン(黄体ホルモン)の世代
  3. エストロゲンとプロゲステロンの配合比

そして、低用量ピルを選ぶ場合は、次の順に人気なので、とりあえずはじめてピルを試したい方は、人気のピルを選んでおけば問題はないかもしれません。

  1. 低用量ピルの中で、第2世代の「三相性ピル」
  2. 低用量ピルの中で、第3世代の「一相性ピル」

人気のピルを選ぶ方がいい理由は、人気のピルの方が、情報がたくさん出回っているので、安心して使えるためです。そのため、副作用が出たとしても、すぐに検索して調べることができます。

また、人気のピルであれば、もし仮に薬の仕様が変わったとしても、すぐにネットで話題になり、調べることができます。実際、過去には、薬のコーティングが代わり、効果があまりなくなった人気の育毛剤が、ネットでかなり話題になったこともありました。

そのため、初めてピルを使いたいと思っている方は、なるべく人気の低用量ピルを選ぶようにしましょう。

ピルは、日本では、遊び人の女性が使用しているというイメージが強く、実際、日本でのピルの普及率は3%程度です。しかし、欧米では、70%の女性が使用しており、先進国では、ピルは一般的なものとして使用されています。

ピルを使用すれば、生理を安定させたり、生理をずらすことで、旅行を楽しんだり、重要な仕事やテストで力を発揮したりすることもできます。そのため、避妊だけでなく、女性として人生を満喫したり、社会で活躍するためにも、ピルは大いに役に立つわけです。

なお、女性の方の場合は、低用量ピルとは別に、お守り代わりとして、緊急避妊薬である「アフターピル」も1つ持っておくと、避妊に失敗したときに、安心かもしれません。「アフターピル」の一番人気は、第2世代のプロゲステロン(黄体ホルモン)を使用している『アイピル』です。

→ アフターピルの通販リンクまとめ

タイトルとURLをコピーしました