ピルの活用法

 

ピルの活用法:ピルの活用

ピルの活用法は、人により様々です。ピルと言うと、ただの「避妊薬」というイメージが強いですが、避妊を含めた「生活向上薬」としてピルを利用している方も多くいます。例えば、ピルを実際に飲んだ人の体験談では、次のような使い方があります。

「女子高生(18歳)」の方の体験談では、次のようなピルの活用法で、生理をずらして、大切な日を避けるように工夫しました。

  • ピルを飲み始めた理由:生理不順で、量がとても多く、貧血で倒れたこともあった。また、部活で水泳をやっているが、試合が生理に重なって、棄権したことも。
  • ピルを飲んだ結果:生理が軽くなり、試合と生理が重ならないようにずらせるようにもなった。入試も、ピルを活用して乗り切る予定。

「OL(25歳)」の方の体験談では、次のようなピルの活用法で、生理をずらして、ハッピーライフを送りました。

  • ピルを飲み始めた理由:社内恋愛中の彼と結婚して、結婚式と、その後のハワイへのハネムーンのときに備えて、ピルを使用。
  • ピルを飲んだ結果:結婚式と新婚旅行の日程が生理と重なりそうだったが、ピルの飲み方を変えることでうまくコントロールできた。ピルを飲んでよかったと、心から実感。

「主婦(30歳)」の方の体験談では、次のようなピルの活用法で、生理をずらして、妊娠に活かしました。

  • ピルを飲み始めた理由:1人目を出産後、2人目の出産計画は、1人めの保育園の入園やお受験を考えて、3年後の4月か5月に生みたいと考えていた。
  • ピルを飲んだ結果:1人目の授乳期を終えてからピルを飲み始めることに。先生に相談してから、ピルをやめる時期を決め、計画通り、3年後の5月に出産。

以上のように、ピルは、女性ホルモンでできているため、ピルを活用すれば、女性の生理を調整することができます。そのため、ピルを上手に活用することで、避妊できるだけでなく、生理の周期を28日に安定化させたり、さらに、生理を軽くすることもできるわけです。また、ピルを連続して飲むことで、最大3周期まで生理を飛ばすこともできます。そのため、いざというときに活用できるよう、ピルを備えておくといいかもしれません。

ただし、ピルを入手するためには、今までは、病院の婦人科で受診を受ける必要がありました。しかし、最近は、海外からの個人輸入ならば、ネットで手軽に購入できる上、日本のピルの3分の1以下の価格で買えるようになったため、手軽に使える時代となっています。なお、海外のピルは、「トリキュラー21」という名前で販売されています。「トリキュラー21」を販売しているサイトにもいろいろありますが、安心できるサイトで購入したい方は、2008年より運営しているシンガポールのサイト『ベストケンコー』もチェックしておくといいかもしれません。

ピルの活用法は、使い方次第でいろいろ!
2008年により運営『ベストケンコー』のピル
「トリキュラ21」正規品はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする