トリキュラー21の避妊効果

 

トリキュラー21の避妊効果:いつから?

トリキュラー21の避妊効果がいつからかは、飲み始めてから1~2週間だと言われています。ただし、避妊効果については、日本の病院では、飲み方により、次のように説明されます。

  • Day1スタート:生理の初日からトリキュラー21を飲み始める方法で、この場合は、初日から避妊効果あり。
  • Sundayスタート:生理がはじまってから最初の日曜日(Sunday)にトリキュラー21を飲み始める方法で、この場合は、1週間後から避妊効果あり。
  • クイックスタート:生理の日など意識せず、自分のタイミングで飲み始める方法で、この場合は、1週間後から避妊効果あり。

「Day1スタート」は、生理初日から飲み始める方法です。もし、寝ている間に生理がはじまった場合は、寝た日に生理がはじまったと考え、そのときから24時間以内に飲むようにします。Day1スタートのメリットは、初日から避妊効果を得られることです。

「Sundayスタート」は、生理がはじまってから最初の日曜日にトリキュラー21を飲み始める方法です。日曜日に生理がはじまった場合は、その日から飲み始めます。Sudayスタートの場合は、飲み始めて1週間後から避妊効果がはじまるため、それまでの間は、コンドームなどで避妊を行います。

「クイックスタート」は、普通は日本のお医者さんからは、あまり推奨されない方法です。ただし、生理不順などの場合、生理日を基準にする「Day1スタート」や「Sundayスタート」を行いにくいことがあるため、お医者さんからクイックスタートを勧められることもあります。クイックスタートは、飲み始めてから1週間後から避妊効果がはじまるため、それまでの間は、コンドームなどで避妊を行います。

なお、「Sundayスタート」や「クイックスタート」で避妊効果までに1週間かかる理由は、ピルの作用のためです。ピルは7日連続で飲むと、卵巣が排卵を休むようになるため、1週間以降にようやく、しっかりとした避妊効果を得られるからです。

ただし、「Sundayスタート」と「クイックスタート」に関しては、「1週間後から避妊効果がある」という人と、「1~2週間後から避妊効果がある」という人がおり、意見が分かれています。そのため、念の為と考えるなら、「Sundayスタート」と「クイックスタート」の場合は、2週間はコンドームなどで避妊をした方がいいかもしれません。『トリキュラー21』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

いつから飲んでも、
1~2週間後には避妊効果!
『トリキュラー21』はこちら

トリキュラー21の避妊効果:飲み忘れたとき

トリキュラー21の避妊効果は、飲み忘れたときは、次のようになります。

  • 1日飲み忘れたとき:避妊効果は継続
  • 2日以上飲み忘れたとき:避妊効果なし

「1日飲み忘れたとき」の場合は、そのまま飲み続ければ、避妊効果は継続します。飲み忘れた錠剤は、飛ばして飲むようにしましょう。なお、前日の分と合わせて、まとめて2錠飲むのはNGです。

「2日以上飲み忘れたとき」の場合は、避妊効果はなくなります。そのため、次の生理が始まってから、トリキュラー21を再開するようにしましょう。再開するときの飲み始め方により、「Day1スタート」なら初日から避妊効果がありますし、「Sundayスタート」や「クイックスタート」なら1週間~2週間後から避妊効果が現れます。

ピルは、飲んでいない期間があると、再び避妊効果を得られるまでに時間がかかります。トリキュラー21は、まとめ買いによりかなり安くなるため、他の女に男を寝取られないよう、しっかりピルのストックの確認をしておくのがおすすめです。トリキュラー21のまとめ買いによる割引価格について、『トリキュラー21』の商品ページよりチェックすることができます。

飲み忘れたら、避妊効果はリセット!
『トリキュラー21』の
まとめ買い割引価格はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする