トリキュラー21の効果

 

トリキュラー21の効果:三大効果

トリキュラー21の三大効果は、次の効果です。

  • ホルモンバランス・生理の安定
  • 生理の移動
  • 避妊効果

「ホルモンバランス・生理の安定」は、生理周期を安定させて、女性ホルモンを安定させます。トリキュラー21は、女性ホルモンの入ったホルモン剤で、ホルモンバランスの異なる3種類のピルからなる「三相性ピル」と呼ばれるタイプになっており、赤5錠・白6錠・黄色10錠の合計21錠からなる3種類のピルを順番に飲むことで、女性ホルモンを安定させます。

ちなみに、「3相性ピル」は、飲む順番があるため面倒くさいと思う方もいるかもしれませんが、ホルモンバランスを変えることにより、ピルの副作用である不正出血を抑えることができるため、大変優れたピルです。不正出血があると、せっかくトリキュラー21の避妊効果でゴムなしでセックスさせてあげることができても、クンニさせてあげることはできないので、不正出血を抑えるのは大切です。

トリキュラー21は、服薬21日+休薬7日の合計28日で、生理を安定させます。そのため、生理不順で悩んでいる人や、生理が重くてつらい人、さらに、月経前症候群(PMS)で生理前の不快な症状が強い人は、生理による負担が一気に軽減されます。

また、トリキュラー21を飲むと、女性ホルモンをコントロールできるため、ニキビのできにくい肌質に変えることができます。ピルを飲むと、男性ホルモンの活動が抑えられるため皮脂が過剰に分泌されなくなります。また、ピルに含まれているエストロゲンには、皮脂の詰まりを防ぐ役割もあるため、ニキビができにくくなります。一般的に、軽いニキビであれば1ヶ月、重いニキビでも3ヶ月程度で完全に落ち着きます。

「生理の移動」は、トリキュラー21を飲むことで、生理を早くしたり、遅くしたりすることができます。トリキュラー21で生理を早める場合は、生理後に10~14錠以上飲み続けた後、トリキュラー21を飲むのをやめると、飲むのをやめて3日以内に生理がきます。生理を遅くしたい場合は、トリキュラー21を21錠飲んだ後、休薬期間をおかずに、そのまま新しいシートの黄色の錠剤10錠を飲んでいる間は生理を止めることができます。さらに生理を飛ばす場合は、黄色の錠剤10錠の後、赤の錠剤5錠、白の錠剤6錠の順に飲みますが、赤の錠剤以降は、生理を飛ばすのに失敗しやすくなるため、注意しましょう。

「避妊効果」は、生理の初日から飲めば、初日から避妊効果を得ることができます。生理初日とは別の日に飲み始めた場合は、飲み始めて1週間後から、卵巣が排卵を抑制するようになるため、避妊効果を得ることができます。ただし、慎重に避妊したい場合は、飲み始めてから2週間は、ゴムで避妊するのがおすすめです。

トリキュラー21を使えば、生理に関わる不安のほとんどを取り除くことができるため、部活の大会や、入学試験でも、あなた本来の力を発揮できるようになりますし、結婚や新婚旅行といった人生の一大イベントも満喫することができます。また、ゴムなしで男性とセックスしてあげられるので、意中の男性を寝取ったり、生セックスで虜にすることも可能です。そのため、人生を10倍以上楽しみたい方は、今のうちにトリキュラー21の使い方をマスターしておくのがおすすめです。特に、生理を早めたり、遅らせたりする方法は、慣れていないと失敗しやすいので、練習しておくのがいいかもしれません。『トリキュラー21』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

三大効果で人生を満喫!
『トリキュラー21』はこちら

トリキュラー21の効果:副作用の実際

トリキュラー21の効果については、副作用の話で、いろいろなデマもあります。副作用の噂については、実際には、次のようになっています。

  • 太らない
  • がんの確率は高くならない
  • 不妊にはならない

「太らない」というのは、ピルを飲んでいると、太るという口コミがあります。しかし、実際には、ピルを飲んで太るという科学的根拠はありません。むしろ、月経前症候群がおさまることで、食欲が正常に戻って痩せる人もいます。

ピルを飲んでいると、女性ホルモンの影響で血栓ができやすくなる可能性があるため、食事から取れる水を除くと、1日1リットル程度は水分を取った方がいいため、水でむくむ可能性はあります。そのため、水分で0.5~1kg程度の増減はあり得ますが、脂肪は増えていないので、太るわけではありません。そのため、体重が1kg以上増えている場合は、単に個人の食欲のコントロールの問題です。ピルにより、生理による不快な症状がなくなって食欲が増してしまい、たくさん食べてしまうわけです。

「がんの確率は高くならない」というのは、ピルを飲んでいると、乳がんになる確率が上がると言われていました。しかし、最新の研究では、ピルを飲んでいても、乳がんの発症率に差はありませんでした。過去の研究では、ピルを服用している人の乳がんの発症率が増えており、未だにその情報が流布されていますが、その後の大規模調査では、乳がんの発症率には差はありませんでした。そのため、現在では、ピルを飲んでいても、がんになる確率は変わらないと考えられています。なお、ピルを飲んでいると、子宮頸がんになる確率だけは高くなりますが、実際には、ピルを使っているとコンドームを使用しなくなる女性が多いためです。コンドームをしていないと、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスをもらいやすくなるため、結果的に、子宮頸がんになる確率が上がります。そのため、子宮頸がんについても、ピルの影響ではなく、コンドームをしていないことによる影響だと言えます。

「不妊にならない」というのは、ピルを飲んでいると、不妊になるのではないかという噂があります。しかし、実際には、ピルを飲むのをやめると、避妊効果はなくなるため、すぐに妊娠できるようになります。一般的には、ピルを1日飲み忘れるだけなら避妊効果は継続できますが、ピルを2日連続で飲み忘れると避妊効果はなくなります。

なお、ピルを飲まないようになると、1周期目で、すでに88%以上が妊娠可能な状態に戻ります。また、3周期目になると、ほぼ100%の人が妊娠可能な状態に戻ります。そのため、ピルは飲むのをやめた後の妊娠にも影響しないため、安心して利用することができます。

トリキュラー21は、まとめ買いにより安くなるため、1箱あたり1,000円以下の激安で購入することも可能です。トリキュラー21は、まとめ買いしておけばいろいろなことに使うことができ、例えば、生理を遅らせる場合は、ピルシートを2枚使うことになるため、なるべくストックしておくと便利です。『トリキュラー21』のまとめ買いによる割引価格も、次の商品ページよりチェックすることができます。

効果抜群で、激安!
『トリキュラー21』の
割引価格のチェックはこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする