トリキュラー21の副作用

 

トリキュラー21の副作用:つわりに似た症状

トリキュラー21の副作用は、トリキュラー21の効果を考えると分かりやすいです。

トリキュラー21は、女性ホルモンでできており、トリキュラー21を飲むと、ホルモンの状態が「妊娠時」や「生理前」の状態に近くなります。その結果、排卵が止まったり、子宮に着床しにくい状態になって、避妊もできるわけです。

そのため、トリキュラー21の副作用は、妊娠状態の「つわり」に近い症状であり、次のようや症状が出ます。

  • 不快感:頭痛、眠気、倦怠感
  • 消化器系:胸のむかつき、吐き気、腹部痛
  • 乳房:胸の張り・痛み

以上のような副作用を、強く感じたときは、トリキュラー21の服用をやめて、念のため、産婦人科やレディースクリニックを受診しましょう。

ただし、このような症状は、ホルモンバランスの変化により起こるものなので、通常は、それほど気にする必要はありません。また、ピルを飲み続けて、女性ホルモンの変化に体が慣れてくると、副作用は見られなくなる場合が多いです。

副作用は「つわり」に類似!
『トリキュラー21』はこちら

トリキュラー21の副作用:血栓

トリキュラー21の副作用として、重大なものには、次のものがあります。

  • 血栓

血栓とは、血管内でできる血の固まりのことで、血栓ができることを「血栓症」、血栓により血管が詰まることを「塞栓症」と言い、血管が詰まる場所により、様々な症状が現れます。

血栓は、通常は、肥満、タバコ、高年齢、脱水、高血圧、糖尿病などによりリスクが高まりますが、同様に、トリキュラー21などのピルを飲んでも、血栓ができるリスクが高まります。

ピルには、ホルモンとして「エチニル・エストラジオール」という成分が含まれていますが、この成分が、血液をサラサラにする「プロテインS」の産出を抑制するため、血栓ができやすくなるわけです。

血栓は、脳や心臓、肺などにできると、場所が悪ければ命に関わる病気になることもあるため、注意する必要があります。なお、重い血栓症の初期症状としては、次のようなものがあります。

  • 脳神経系:激しい頭痛・しびれ・舌のもつれ・視覚障害・失神
  • 肺・呼吸器系:息切れ
  • 心臓系:胸痛
  • 消化器系:激しい腹痛

ただし、血栓症は、発症する1秒前までは無症状であることも多く、一瞬のうちに重症の病気になってしまうこともあるため、予想できないのが怖いところです。

特に、血栓症を高めるリスクがタバコで、喫煙者がピルを飲むと、血栓症のリスクは167倍に高まります。そのため、日本では、「35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人」には、ピルを処方してもらえません。なお、タバコの中で、血栓のリスクを高める成分は、血管を収縮させる「ニコチン」と、酸素不足に陥らせる「一酸化炭素」が問題であるため、通常のタバコだけでなく、加熱式タバコを吸っている場合でも、ピルの使用は禁止です。

その他にも、肥満・生活習慣病・高年齢も血栓のリスクを高めるため、日本の病院では、「BMI(体重(kg)/身長(m)×身長(m))」が35を超える場合は、ピルを処方してもらえません。同様に、40歳以上の方の場合も、お医者さんによっては、ピルを控えるよう忠告されることもあります。

なお、血栓を高める日常的なリスクとしては、体内の水分量が少なかったり、体を動かさないでいると、血液が凝固しやすくなります。そのため、ピルを飲んでいるときは、意識してい水分を取ったり、体操したりして体を軽く動かすようにしましょう。

ただし、低用量ピルによる血栓のリスクについては、海外の静脈血栓症のリスクの調査では0.03~0.09%と非常に低く、命に関わる症状は、さらに稀です。むしろ、血栓症の発症率は、喫煙者や、妊娠中の女性、産褥期(出産から出産後6-8週間まで)の女性の方が、発症率が高いです。

そのため、普通にトリキュラー21を利用していれば、血栓についても、それほど恐れることはありません。

トリキュラー21は、日本の病院で処方してもらうこともできますが、通販なら、お医者さんにいろいろ注意されることもなく、手軽に購入できます。トリキュラー21の通販は、1,000件以上のレビューがあるほど日本の女性も多く利用しているため、ピルを有効活用して人生を満喫したい方は、一度、チェックしておくといいかもしれません。

副作用も少ない!
レビュー1,000件以上の
『トリキュラー21』はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする