ピルと仕事

 

ピルと仕事:社会人のOLの女性

ピルは、社会人としてOLで働いている女性など、仕事をしている女性にとって大活躍するお薬です。

働いている女性の中には、生理にまつわる、次のような経験をしたことのある方も、多くいるかもしれません。

  • 生理前・生理中の痛みや不快感、情緒不安定などのために、仕事の効率が下がりやすい
  • 大事な会議や打ち合わせなどのときに、突然、生理が始まった経験がある
  • ナプキンやタンポンを替えるために、1日に何度もトイレに駆け込まなければいけない
  • 長時間トイレに行けないときは、経血で下着や白い服を汚さないかと、ハラハラする

女性は毎月、生理のケアに、多くのエネルギーを費やさなければなりませんし、ナプキンやタンポン、鎮痛剤などを購入する費用もかさんでしまうため、大変なものです。しかし、日本人女性は、昔から、「生理のときにがまんするのは当然!」と思ってきた人が多く、そのような状況に耐えながら、辛い社会人生活を乗り切っています。

一方、ピルを飲めば、生理にまつわる負担からは、大きく解放されます。例えば、ピルを飲めば、次のようにして、生理をコントロールすることができます。

  • 次回の生理かがいつから始まるのかを、正確にコントロールできる
  • 生理で仕事などに支障がある場合は、自由に生理をずらすことができる
  • 生理が始まっても、生理を安定させることができるので、出血量は少なく、さらに、生理痛も非常に軽くなる

そのため、PMS(月経前症候群)や生理痛などで仕事に支障のでやすい女性は、生理に振り回されることなく、アクティブに過ごせるよう、ピルの服用を検討するのもおすすめです。ピルを使えば、出張や会議、仕事の忙しくなる繁忙期と、生理日が重ならないようにコントロールすることができます。

また、仕事以外にも、例えば、大切なプライベードの予定と生理がぶつからないよう調整したり、遠距離恋愛中での限られたデート日と生理が重ならないようにすることも、ピルを使えば可能となります。

仕事をしている社会人の女性に必須!
ピルで一番人気の『トリキュラー21』正規品

ピルと仕事:社会人のOLの女性の使い方

仕事をしている社会人の女性やOLの女性がピルを使うときは、まずは、ピルの使い方を覚える必要があります。

仕事をしている女性の場合、次のようなピルの使い方の知識を理解しておきましょう。

  • ピルは、28日間(4週間)で1シート分
  • 21日間連続服用して、7日間休薬期間がある
  • 服用している間は、生理がこない
  • 21日間飲み続ける必要はなく、生理を止めたい数日だけピルを飲むことも可能
  • 21日間ピルを飲み続けた場合、ピルをやめた翌々日から4日間が生理日になる(1月21日にやめたら、1月23日~1月26日が生理日になる)
  • 飲み始めは、生理開始3日目以降から次の生理日の前までの間に飲み始める
  • 最高で3シート分(21日×3シート=63日=9週間)連続服用して、63日間生理をとめることもできる

そのため、ピルの使い方としては、具体的には、次のようにして使います。

  1. カレンダーに、仕事が忙しくなる時期(月末)や、デートの日を、ハートマークで書いておく
  2. ハートマークの日に、ピルを飲んでいる21日間が含まれるようにして、ピルを飲む
  3. 生理は、ピルを服用していない7日間の間にあるが、ハートマークの日が連続していて、しばらく生理を止めたい場合は、最大63日までピルを飲み続けて生理を止めることも可能

なお、ピルの飲み始めは、生理3日目以降から、次の生理の前までの間になるように調整すればOKです。

ピルは、基本的には産婦人科で処方してもらいますが、産婦人科は妊婦さんが多いため、普通の女性にとってはなかなか行きづらく、抵抗のあるものでした。しかし、最近は、薬の個人輸入サイトを利用すれば、個人で利用する分には、合法でピルを入手できる便利な時代となっています。低用量ピルと呼ばれる21日間用のピルの中で最も人気のピルは、海外では「トリキュラー21」という商品名で売られています。そのため、今後、仕事が忙しくなることが予想されたり、遠距離恋愛をする可能性のある方は、もしものときに失敗しないよう、「トリキュラー21」を常備しておくと、安心かもしれません。

仕事をしている社会人の
女性の強い味方!
一番人気の低用量ピル
『トリキュラー21』正規品


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする